建設業課の移転/建設業許可・宅建業免許の受付方法の改善

掲載日:2018年4月9日

建設業課が移転しました。
建設業許可・宅建業免許の受付方法も改善しました。

1 建設業課の移転
建設業課は、3月末に横浜合同庁舎とかながわ県民センターに次のとおり移転しました。

 ○ 建設業等の許可、宅建業の免許等の業務
 【具体的な業務】
建設業許可、経営事項審査、解体工事業者登録、浄化槽工事業者登録、測量法、
住宅瑕疵担保履行法、競争入札参加資格(工事及びコンサルタント)の審査、宅地建物取引業免許、
宅地建物取引主任者(4月1日以降は「宅地建物取引士」)資格登録(申請窓口は従来どおり、(公社)神奈川県
宅地建物取引業協会です。)、宅地建物取引業法に基づく指導・監督、不動産鑑定士に関する事務、宅地建物相
談等

【移転先】
かながわ県民センター(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)4階
電話番号 045(313)0722
FAX番号 045(272)6480
 【移転時期】
 3月30日(月曜日)

 建設業法の運用、建設工事紛争審査会等の業務
 【具体的な業務】
建設業法に基づく指導・監督、建設工事紛争審査会に関する事務 等
【移転先】
横浜合同庁舎(横浜市中区山下町32)3階
電話番号 045(285)4245
FAX番号 045(285)4248
【移転時期】
 3月23日(月曜日)

2 申請受付等の改善
建設業許可と宅建業免許の申請受付を窓口(対面)だけで行ってきましたが、3月末に両受付窓口が
「かながわ県民センター」に移転することを契機として、次のとおり受付方法等を改善しました。
(1) 郵送申請の実施
ア 内容
建設業許可と宅建業免許の更新申請と各種届出について、4月から郵送でも申請できることとしました。

(郵送申請から除外する主なもの)

 新規申請・業種追加申請

 添付書類等の原本確認が必要な場合

イ 開始日 平成27年4月1日(水曜日)
ウ その他
・ 郵送申請の導入に伴い、建設業許可の地域担当窓口(川崎、厚木、小田原、横須賀、相模原、平塚の6箇所)
は廃止します。
・ 郵送方法等については、こちらをご覧ください。

(2) 受付時間の改善(昼休み開庁の実施)
ア 内容
これまで閉庁していた昼休み時間帯の開庁など、次のとおり受付時間を見直しました。

区分

改善後

現在

建設業許可

9時00分から16時00分

9時00分から11時00分、13時00分から16時00分

宅建業免許

10時00分から15時00分

9時00分から11時00分、13時00分から16時00分

イ 開始日 平成27年4月1日(水曜日)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる