ラグビーワールドカップ2019™神奈川県特設ページ

掲載日:2018年10月18日

4年に一度じゃない。一生に一度だ。

  • ラグビーワールドカップ2019の神奈川県特設ページです。

ロゴ:キヤノンブレディスローカップ2018

10月27日(土曜日)開催!!

キヤノンブレディスローカップ2018

ニュージーランド代表(オールブラックス) 対 オーストラリア代表(ワラビーズ)

ブレディスローカップは、ニュージーランド代表とオーストラリア代表との間で80年以上にわたり定期的に行われている国際マッチです。日本では、9年ぶり2度目の開催となるこの試合は、ラグビーワールドカップ2015(TM)の決勝と同じカードでもあり、両国の誇りをかけた一戦に注目です。

キヤノン ブレディスローカップ2018 公式ホームページ(外部ページが開きます。)

ラグビーワールドカップ2019TM チケット情報

9月19日より、一般抽選販売を開始します!

申込期間:9月19日(水曜日)から11月12日(月曜日)

抽選結果発表日:11月26日(月曜日)

ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式チケットサイト(外部ページが開きます。)

プール戦決勝トーナメント

横浜国際総合競技場では、決勝・準決勝を含む計7試合が予定されており、屈指の好カードばかりです。

誰でもわかるチケット購入ガイド[PDFファイル/1MB]

チケット購入には、チケットIDの登録が必要になります。

これを機に、是非ご登録ください!

詳しくは、以下のリンク先をご参照ください。

図:チケットID受付中(200×90)

https://tickets.rugbyworldcup.com/

注目情報

写真:横浜ラグビー情報

新着情報

平成30年10月

平成30年9月

平成30年8月

平成30年7月

平成30年6月

平成30年5月

平成30年4月

平成30年3月

平成30年1月

平成29年11月

平成29年10月

平成29年9月

平成29年8月

平成29年7月

平成29年6月

平成29年5月

平成29年4月


 

ウェブエリスカップの写真

ラグビーワールドカップ2019フライヤー表ラグビーワールドカップ2019フライヤー裏

ラグビーワールドカップ2019フライヤー[PDFファイル/1.05MB]

写真:ラグビーワールドカップ動画案内

画面をクリックすると、別ウィンドで動画が再生されます。

写真:A GIANT STEP FOR JAPAN

画面をクリックすると、別ウィンドで動画が再生されます。

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会が作成

「PASSTHEPASSIONON想いをつなげ」ラグビーワールドカップ2019日本大会ハンドオーバービデオ。

10月31日、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の決勝戦直後のトゥイ­ッケナムスタジアムで、次の大会であるラグビーワールドカップ2019日本大会がアナ­ウンスとともに紹介されました。

会場では大きなスクリーンに映るビデオに合わせて、桜の花びらの紙吹雪が舞いながら、­「PASSTHEPASSIONON想いをつなげ」「SEEYOUINJAPAN日本でお会いしましょう」「JAPAN日本2019」というメッセージがスタジアムを­一周する帯状のモニターに映されました。

 

次のラグビーワールドカップは日本で開催され、「横浜国際総合競技場」が、決勝戦の会場となります!みんなでラグビーワールドカップを盛り上げましょう!!

日本代表が並んでいる写真

(c)JR2019,photobyH.Nagaoka


各開催地リンク

神奈川県のこれまでの取組み

平成28年度

平成27年度

平成26年度

ラグビーワールドカップ2019概要

1 主催:ワールドラグビー

2 開催時期:平成31年(2019年)9月20日から11月2日
 9月20日 開会式・開幕戦 会場:東京スタジアム
 11月2日 決勝戦・閉会式 会場:横浜国際総合競技場

3 参加チーム:20チーム

4 試合形式:予選プール40試合(5チーム×4プール、プール内総当たり戦)

決勝トーナメント8試合 計48試合

5 試合会場(12会場)

開催都市 試合開催会場
札幌市 札幌ドーム
岩手県・釜石市※ 釜石鵜住居復興スタジアム
埼玉県・熊谷市※ 熊谷ラグビー場
東京都 東京スタジアム
横浜市・神奈川県(注) 横浜国際総合競技場
静岡県 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市(注) 豊田スタジアム
大阪府・東大阪市(注) 東大阪市花園ラグビー場
神戸市 神戸市御崎公園球技場
福岡県・福岡市(注) 東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市(注) 熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県 大分スポーツ公園総合競技場

(注)は共同開催となります。

6 特徴

アジアで初のラグビーワールドカップ

ラグビー伝統国以外で初のラグビーワールドカップ

ラグビー(7人制)がオリンピック競技に採用されてから、最初の大会

 


横浜国際総合競技場の概要

1 開場:1998年(平成10年)

2 観客席:72,327席

3 フィールド:天然芝(107m×72m)

横浜国際総合競技場

 


ラグビー関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる