神奈川県・岩崎学園・三菱重工相模原ダイナボアーズが連携しラグビー振興を進めます

掲載日:2019年11月18日
2019年11月18日
記者発表資料

激闘が繰り広げられたラグビーワールドカップ2019(TM)は世界に感動を与えました。今回、大会で高まった機運を途切れさせることなくラグビー振興を図るため、県と包括協定を締結している学校法人岩崎学園と、県内唯一のラグビートップリーグチームである三菱重工相模原ダイナボアーズと連携し、三者で新たな取り組みを進めます。

1 連携事業の概要

(1)「親子で楽しむ!タグラグビー教室」の実施について

写真:三菱重工相模原ダイナボアーズ

ラグビー競技のすそ野拡大を目指し、三菱重工相模原ダイナボアーズの選手が講師となり、タグラグビー教室を実施するとともに、トップリーガーと一緒に家族でラグビーの楽しさを学び、ラグビーについての興味・関心を高めます。

日時:令和元年12月7日(土曜日)13時30分から15時30分まで

会場:岩崎学園横浜保育福祉専門学校体育館(横浜市戸塚区品濃町550-8)

対象:小学生を含む親子50名(神奈川県在住)

申込方法:定員50名(参加費:無料、申込者多数の場合は抽選)

次のメールアドレスに必要事項(住所・氏名・性別・年齢・学年・電話番号)を記入のうえお申込みください。

岩崎学園メールアドレス seminar@iwasaki.ac.jp (12月2日締切)
(注)個人情報は適切に管理いたします。ご提供された個人情報はご本人の承諾なしで使用することはありません。

取材について:事前に県スポーツ課に御連絡のうえ、会場にお越しください。

(2)ラグビートップリーグの機運醸成プロモーションについて

ラグビートップリーグの新たなファン層拡大のため、岩崎学園の学生が中心となり、新しい感性や発想を活かしたプロモーションを実施します。(完成時期:令和2年1月を予定)

写真:トップリーグ試合観戦の様子
トップリーグ試合観戦の様子

  • 三菱重工相模原ダイナボアーズの特集ホームページ作成

三菱重工相模原ダイナボアーズの試合観戦、練習の取材を行い、「初心者目線」「若者目線」でチームの紹介や観戦のポイントなどの特集ページを制作します。

  • トップリーグ広報ポスター作成

令和2年2月1日に行われる「ラグビートップリーグ2020第4節」の試合の広報ポスターを制作します。
(注)上記以外にも、今後、ラグビートップリーグの機運醸成に向けた検討を進めてまいります。

2 主催

神奈川県、岩崎学園、三菱重工相模原ダイナボアーズ

<参考>

  • 連携について

今後のラグビーの人気定着と競技の普及につなげていくためには、「競技のすそ野の拡大」「新たなファン層の拡大」が必要と言われています。県と包括協定を締結している岩崎学園は県内に専門学校7校を有しており、デジタルコンテンツ、服飾デザイン、保育など幅広い専門性を有しています。
今回、ラグビーワールドカップ後の機運を継承するため、岩崎学園の持つ人材と専門性を活かし、三菱重工ダイナボアーズと連携し事業を進めます。

  • 三菱重工相模原ダイナボアーズについて

本拠地は相模原市。神奈川県唯一のトップリーグチーム。今季、12季ぶりに国内最高峰のラグビーリーグ「トップリーグ」へ昇格。相模原市内その他でのタグラグビー教室や地域貢献活動を積極的に行っています。ユニフォームは相模原市のシンボルカラーである緑を基調としています。

 

問合せ先

スポーツ局

ラグビーワールドカップ担当課長 加藤木 電話045-285-0792

スポーツ課 競技スポーツグループ 坂下 電話045-285-0730