神奈川県障がい者スポーツ協会(仮称)設立に向けた基本方針

掲載日:2019年3月29日

 このたび、神奈川県障がい者スポーツ協会(仮称)設立準備会において、「神奈川県障がい者スポーツ協会(仮称)設立に向けた基本方針」が策定されました。

 神奈川県障がい者スポーツ協会(仮称)設立に向けた基本方針(平成31年3月28日)(PDF:2,868KB)

 テキスト版(テキスト:32KB)

基本方針の概要

1 団体のあり方及び主な役割

 (1)団体のあり方

 障がい者スポーツ競技団体に関しては、政令市域を含む県全域を対象に団体設立や運営の支援等を行う。

 各市町村域で設立される障がい者スポーツ関係団体に関しては、まずは、政令市を除く県域を対象に団体の設立や運営の支援等を行い、県全域を対象とする団体のあり方については、今後、県内の障がい者スポーツ関係団体等と連携しながら検討していく。なお、政令市域との情報共有を図るため、政令市の障がい者スポーツ協会等の関係団体との連絡会を設ける。

 協会イメージ図

協会イメージ図

 (2)主な役割

 県内の障がい者スポーツ団体や選手の競技活動支援の中心として、次の2点を主な役割として取り組んでいく。

 ア 障がい者スポーツの普及活動や競技団体の育成支援

 イ 競技力の向上

2 協会の設立目的

 (1)スポーツを通じた「ともに生きる社会かながわ憲章」の実現

 (2)障がい者スポーツの普及・啓発

 (3)障がい者スポーツの競技力の向上

3 組織体制

 (1)名称

 「神奈川県障がい者スポーツ協会」とする。

 (2)組織

 法人格を持った団体を設立する。

 (3)代表者

 障がい者スポーツに対する理解や経験があり、熱意を持って県内の障がい者スポーツの発展に尽力していただける方を選定する。

 (4)加盟制度

 全県を活動の対象とする団体や、市町村を活動の対象とする団体に加え、個人の加盟も認めるなど、幅広い加盟制度を設ける。

4 財源確保対策

 財源確保対策加盟料や行政機関からの委託・補助事業のほか、関係団体の補助金の活用を検討するとともに、企業・団体等からの寄付など、積極的な財源確保に努める。

5 設立時期

 平成31年度中の設立を目指す。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。