岩手県・釜石市と神奈川県・横浜市の小学生による選手交流会を行いました

掲載日:2018年7月25日

平成30年2月17日(土曜日)、ミニラグビーファイナルカップに合わせて、ラグビーワールドカップ2019(TM)の開催都市である岩手県・釜石市の小学生ラグビー選手との交流会を行いました。

岩手県・釜石市と神奈川県・横浜市で、メッセージの交換を行いました。

釜石市交流事業メッセージ交換2釜石市交流事業メッセージ交換

神奈川県・横浜市からは、両都市の開催都市マークが印刷されたメモ帳を、岩手県・釜石市からは釜石鵜住居復興スタジアムのペーパークラフトを、それぞれプレゼントとして交換しました。

釜石市交流事業5

この日は、ラグビー元日本代表の大西将太郎さんが駆けつけ、小学生の皆さんを激励していただきました。

小学生選手に向け、これからの夢と希望を語っていただきました。

釜石市交流事業大西さん激励

交流を通じて、お互いに友情を育むことができたと思います。

また、ラグビーワールドカップ2019(TM)の開催都市として、これからも連携を深めていきたいと思います。

釜石市交流事業集合写真