リッチー・マコウ記念イベントin横浜を開催しました!

掲載日:2018年4月6日

強豪国・ニュージーランド代表の主将として、ラグビーワールドカップ(TM)史上初となる連覇に貢献したリッチー・マコウ氏を横浜に迎え、各種イベントを開催しました。

本イベントは、東日本大震災で被災した子どもたちの自立を支援するプロジェクト「SupportOurKids」の活動趣旨に、リッチー・マコウ氏が賛同し、国内外における関係者のご協力のもと実現したチャリティプログラムです。

ロゴ

キッズラグビークリニックin横浜

リッチー・マコウ氏に加え、アンドリュー・マコーミック氏(元ラグビー日本代表キャプテン)、廣瀬俊朗氏(ラグビーワールドカップ2019(TM)アンバサダー)、小野晃征氏(サントリーサンゴリアス所属)、大野均氏(東芝ブレイブルーパス所属)、森田佳寿氏(東芝ブレイブルーパス所属)のゲストコーチ陣が参加。東海大学・慶應義塾大学・関東学院大学の学生とともに、小学生から高校生までの261人に指導を行い、タッチラグビー、パスやタックルなど一緒にプレーし皆で汗を流しました。また、デモンストレーションの披露やミニトークショーも行われ、参加した子どもたちは、目を輝かせていました。

キッズラグビークリニックキッズラグビークリニック

キッズラグビークリニック

トークショーin横浜

トークショーでは、「ラグビーW杯史上初連覇達成を率いたキャプテンが語る世界の舞台とリーダーの真髄」と題して、キッズラグビークリニックのゲストに田坂藍氏(ARUKASQUEENKUMAGAYA所属)を加え開催しました。

第一部は、リッチー・マコウ氏にラグビーを始めたきっかけや、オールブラックスのキャプテンとして心がけていたこと、ラグビーワールドカップ(TM)2連覇の偉業を果たした秘訣、世界の舞台でリーダーとして活躍するための条件などを語っていただきました。

第二部は、6名のゲストも加わり、ゲスト6名からの一問一答や、ラグビーワールドカップ2019(TM)に向けての思いなどを語っていただきました。

トークショー

トークショー

トークショー

トークセッションin横浜国際総合競技場

報道機関向けのトークセッションは、リッチー・マコウ氏ととともに、アンドリュー・マコーミック氏、小野晃征氏、開催都市を代表し柏崎横浜市副市長の4名でトークセッションを行いました。

ラグビーワールドカップ2019(TM)が行われる横浜国際総合競技場に降り立ったリッチー・マコウ氏は、「2年後のワールドカップが、どのような素晴らしい戦いになるか今から想像しただけでも楽しみ」と語りました。その他、開催都市「神奈川・横浜」の魅力や、ラグビーワールドカップ決勝に対する思いを語りました。

トークセッション

トークセッション

今年の11月4日に、ラグビーワールドカップ2019(TM)が行われる横浜国際総合競技場で、ラグビー日本代表テストマッチ(対オーストラリア代表)が開催されます。ぜひ会場で世界最高峰のプレーをご観戦ください!

ラグビーワールドカップ2019(TM)まであと2年。開催地であるここ神奈川・横浜から大会を盛り上げていきましょう!

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる