県立都市公園におけるPark-PFI活用のマーケットサウンディング調査の結果概要を公表します

掲載日:2019年3月27日

 本県の県立都市公園におけるPark-PFIの活用にあたって、民間事業者から幅広くアイデアを募集し、収益施設の市場性の有無などを確認する「マーケットサウンディング調査」を実施しました。

調査概要

調査の対象など

 県立都市公園のうち、既に開園済みの区域、用地を取得済みであるが未開園の区域、都市計画決定済みで今後の事業化を検討している区域、の3つの区域を対象としました。

 また、提案Aとして具体な公園名や活用区域を特定したアイデアと、提案Bとして公園名などを特定しないアイデアのいずれについても、提案を受け付けました。

調査の進め方

 民間事業者から、収益施設の整備内容、概算の収支計画、公園の整備や利用促進への効果などについて、書面で提出を受けました。

 県は、書面の内容を確認し、いずれの提案も実現の可能性があると考えられることから、全ての民間事業者と個別ヒアリングを実施しました。

調査の経過

実施要領の公表 平成30年10月15日
事前説明会 平成30年10月31日(参加状況:44事業者、74名)
提案の受付 平成30年11月1日から12月4日
個別ヒアリング 平成30年12月11日から12月25日
提案件数 18事業者、39提案
主な参加業種

不動産賃貸業、建設業、造園業、

建設コンサルタント、鉄道関連事業など

 

提案概要

提案Aについて

提案件数 14事業者、33提案
主な提案施設

飲食・物販施設、バーベキュー施設、宿泊施設、キャンプ施設、

アスレチック施設、フィットネスジム等

具体な公園名

観音崎公園、秦野戸川公園、辻堂海浜公園、湘南海岸公園、

あいかわ公園、座間谷戸山公園、相模三川公園、山北つぶらの公園、

恩賜箱根公園、おだわら諏訪の原公園、保土ケ谷公園、

三ツ池公園、四季の森公園、東高根森林公園

提案Bについて

提案件数 5事業者、6提案
主な提案施設

飲食・物販施設、バーベキュー施設、宿泊施設、

キャンプ施設、アスレチック施設、フィットネスジム等

 

今後の予定

 今回の調査結果をもとに、公園特性との整合性や公園利用者のご意見を踏まえ、Park-PFIの活用を図る具体的な公園名や活用区域、収益施設の種類など、公募条件の案を作成します。

 その後、この案を提示して、民間事業者の参画意向などを確認する2回目のマーケットサウンディング調査を実施し、その結果を踏まえ、必要に応じて公募条件を修正したうえで、公募手続きを行い、Park-PFIの事業者を選定していく予定です。

 

問合せ先

  • 連絡先:神奈川県 県土整備局 都市部 都市公園課 整備運営グループ 潟岡、高田、山田
  • 所在地:神奈川県横浜市中区日本大通1 神奈川県新庁舎12階
  • 電 話:045(210)1111 (内)6224・6225
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa