あいかわ公園(あいかわこうえん)

掲載日:2018年4月4日

 

あいかわ公園のパークセンター全景

あいかわ公園は、東京都心から50km、横浜・川崎から約40kmの距離にあります。宮ヶ瀬ダムの東側に隣接しており、「雄大なダムと首都圏最大級のダム湖の眺望」及び「様々な地域文化とのふれあいが楽しめる憩いと交流のレクリエーション拠点」として整備しています。
園内には、見晴らしのよい「風の丘」、40種、3万本近いツツジが見事に咲き誇る「花の斜面」、空気でふくまらせた遊具の「ふわふわドーム」、環境に配慮された「環境共生型パークセンター」では郷土資料が展示され周辺情報検索や休憩もできるなど多様な機能を備えており、さまざまな施設があり一日中楽しめます。
公園の直ぐ上には、満々と水をたたえた宮ヶ瀬湖が広がり、園内から湖やダムに直接行くこともできます。
平成19年4月からは、大型遊具のある「冒険の森」や「冒険広場」、森林の中を散策できる「自然観察林」が、新たに利用できるようになりました。
平成21年4月23日には、地元愛川町の伝統工芸を広く県内外へ紹介する情報発信拠点として、また伝統工芸にふれあえる創作体験を通じて地域の関心を高め、来訪者と地域の交流を図る場として「工芸工房村」がオープンしました。

[公園の様子]

あいかわ公園自然観察林あいかわ公園冒険の森あいかわ公園の吊り橋「森のわたり橋」あいかわ公園の噴水
あいかわ公園パークセンターの展示施設愛川町伝統工芸機械展示している愛川町伝統工芸機械の拡大工芸工房村での機織り体験工芸工房村での陶芸体験


公園の概要

公園の概要

種別 広域公園
開設面積 51.8ヘクタール(都市計画決定面積 53.5ヘクタール)
設置年月日 平成14年4月27日
所在地 愛甲郡愛川町半原
公共交通機関
  • 小田急線「本厚木駅」から、「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(約60分)、徒歩20分
  • JR・京王線「橋本駅」から、「半原」行き終点下車(60分)、徒歩30分
主な施設 パークセンター、ふれあい広場、子供広場、疎林広場、風の丘、花の斜面、花の森、冒険の森、冒険広場、自然観察林、工芸工房村、駐車場
問い合わせ先 あいかわ公園パークセンター:電話(046)281-3646/ファックス046-280-3770 あいかわ公園工芸工房村 :電話(046)281-2438
※許認可及び整備計画等については、厚木土木事務所
 

有料施設等

工芸工房村

工芸工房村

  • 申込み方法等の問い合わせ先:あいかわ公園工芸工房村

公園の関連情報・関連リンク

関連情報

関連リンク ※イベントや駐車場などの詳細情報はこちらから

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa