神奈川県青少年保護育成条例の一部改正の概要(平成27年12月改正)

掲載日:2018年4月26日

1 改正の趣旨

神奈川県青少年保護育成条例(以下「条例」といいます。)では、一部条例の規定の対象外としたり、勧誘行為を禁止する等の理由から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営法」といいます。)を一部引用していますが、同法の一部改正に伴い、必要とされる所要の条例改正を行いました。

2 一部改正の概要

(1) 風営法の条項のずれに伴い引用規定を整備しました。

(2) 青少年への勧誘行為が禁止されている営業にキャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、
客の接待をして客に飲食させる営業を加えることとしました。

(3) 図書類又は玩具類に係る自動販売機等の設置の届出について、特例処置を講ずることとしました。

3 施行日

平成28年6月23日

(参考)条例新旧対照表

条例新旧対照表 [PDFファイル/97KB]

本文ここで終了

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる