我が家のルールをつくりましょう!!

掲載日:2018年8月31日

お子さんがインターネットと上手に付き合える力を身に付けるためには、インターネット上で起こり得る危険性を理解し、ルールを守って利用することが大切です。

我が家のルールづくり八箇条!!

<ルールのつくり方!>

  • なぜそのルールが必要なのか、お子さんと話し合い、ともに理解した上でルールをつくりましょう!
  • お子さんが使おうとするインターネットサービスを保護者がお子さんと一緒に使ってみましょう!危険性などを共有し、ルールづくりを始めるきっかけになります。
  • お子さんの年齢や能力によって、我が家のルールをつくりましょう!
  • 作成したルールをしっかり守ることができたら、ルールの見直しをしましょう!
  • ルールを守れなかったときの約束事をあらかじめつくっておきましょう!

以上のことに注意をして、神奈川県でオススメする場面ごとのルールづくりポイントを参考に、ご家庭でよく話し合ってルールをつくりましょう!

我が家のルールづくり八箇条!!


インターネットを見るとき

其の一 サイトへのアクセスは慎重に

イメージ

インターネットには、子どもに有害な情報や一見安全に見えても危険が潜んでいるサイトも多数あります。
また、それを閲覧することにより、トラブルに巻き込まれてたり、犯罪の被害に遭うこともあります。

【ルール作りのポイント】

お子さんと利用してはいけないサイトを決めましょう。
フィルタリングを設定しましょう。

※青少年(18歳未満の者)が利用する携帯電話等へは法律によりフィルタリングを設定することが義務付けられています。


インターネットを通じて他人とコミュニケーションをするとき

其の二 安易なダウンロードはしない

イメージ2

パソコンからのダウンロードだけでなく、最近では子どもたちが多く利用するスマホでも、有害なアプリや個人情報を流出させる不正アプリなどが存在します。それらをダウンロードすることにより、犯罪の被害者になるだけでなく、思わぬ形で加害者になってしまうこともあります。安全・危険の見極めが難しいものもありますが、安易なダウンロードは危険を含んでいることをしっかり理解しましょう。

【ルール作りのポイント】

お子さんが利用したいアプリの利用規約を確認してからダウンロードしましょう。
アプリのダウンロードを制限しましょう。(保護者が管理する)※フィルタリングアプリやスマホ内の機能制限によりアプリのダウンロードを管理することができます。
公式ストアを利用しましょう。


インターネットを通じて他人とコミュニケーションをするとき

其の三 個人情報は書き込まない

イラスト

インターネットに書き込んだ情報は、誰もが見ることができ、一度書き込んだ情報は完全に消すことはできません。個人情報や位置情報(アプリの中にはGPS機能がついているものがあります。)を含んだまま書き込むことは、その情報を世界中に公開していることになり、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

【ルール作りのポイント】

お子さんと一緒に、インターネット上に書き込んではいけない個人情報について話し合いましょう。
(住所、名前、学校名、プライベート写真など)


其の四 人を傷つける書き込みはしない

イメージ3

お互いの顔が見えないインターネットの世界では、軽い気持ちで書いたことでも相手を不快にさせてしまうことがあります。現実社会と同様に、他人を思いやり、自分がされたら嫌なことはしないようにしましょう。

【ルール作りのポイント】

お子さんと自分がされたら嫌な書き込みについて考えましょう。


ルールが守れなかったとき・困ったとき

其の五 ルールを守れなかった場合の対応

ルールを守れなかった場合の対応を決めておくと、子どもにルールを守るための責任感が生まれます。ルールを守る大切さを教えるものなので、対応の内容は、甘すぎるのもよくありませんが、厳しすぎるのも逆効果です。

【ルール作りのポイント】

お子さんの発達段階にあわせて、お子さんと話し合いにより決めましょう。

(例) 1週間使用禁止、お手伝いをするなど


其の六 困ったときにはすぐ相談

トラブルが起きたときや不安を感じているときに、一人で悩まず、早期に相談することで、トラブルを最小限に抑えることができます。また、子どもにトラブルへの対応の仕方を教えたり、子どもが責任を感じる機会にもなります。

【ルール作りのポイント】

お子さんがすぐに相談できるように普段からインターネットの使い方について話し合っておきましょう。
こんなときに相談するという内容を話し合っておきましょう。

(例)知らない人からのメール、身に覚えのない請求など


機器の利用時間・場所

其の七 1日の利用時間や時間帯

イメージ4

夜遅くまでインターネットを利用すると、睡眠不足になったり、勉強に集中できなくなるといった、健康面や生活面への悪影響があります。

【ルール作りのポイント】

生活のリズムを崩さないようにするため、利用時間についてお子さんと決めましょう!

(例) 1日の利用時間____時間まで

利用時間帯____時~____時

夜____時以降は利用しない



其の八 利用する場所

携帯電話などの持ち運びによりインターネットは、どこでも利用できるため、利用場所を決めておくことが大切です。また、保護者の目の届く場所で利用させると、子どもの利用状況を適切に把握することができます。

【ルール作りのポイント】

利用する場所、利用してはいけない場所についてお子さんと決めましょう。

(例) リビングで利用する

寝室やお風呂では利用しない

食事中は利用しない


我が家のルールをつくってみましょう!

イメージ5

ルールづくりのポイントを参考に、各ご家庭オリジナルの「我が家のルール」をつくってみましょう!また、ルールをつくるだけで終わらないためにも、いつでもルールを確認できる場所に貼っておきましょう。

ルール作成用の書式をご活用下さい!

【Word版】ルール作成用書式 [Wordファイル/70KB]

【PDF版】ルール作成用書式 [PDFファイル/143KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa