携帯電話事業者の皆さまへ

掲載日:2018年8月31日
事業者の皆さまは、保護者等の知識・認識不足によるフィルタリングサービスの解除等がないように、法令に基づきフィルタリングの提供等を行って下さい。

フィルタリングサービスの提供

法律により、携帯電話インターネット接続役務提供事業者は、携帯電話の使用者が青少年である場合には、フィルタリングサービスの利用を条件として、携帯電話インターネット接続役務を提供しなければなりません。(保護者が、フィルタリングサービスを利用しない旨の申出があった場合は、この限りではないです。)青少年が有害情報にアクセスしないようにしましょう!

フィルタリングイメージ

フィルタリングサービスの解除

神奈川県では青少年保護育成条例により、青少年が使用する携帯電話についてフィルタリングサービスを利用しないでインターネット接続契約をする場合は、必ず保護者から解除理由が記載された書面等が必要となります。

<フィルタリングサービスを利用しない理由等>

  • 青少年が就労しているため、フィルタリングサービスを利用することにより、当該青少年が業務に著しい支障を生ずる場合
  • 青少年が心身に障害(病気)があり、フィルタリングサービスを利用することにより、当該青少年が日常生活に著しい支障を生ずる場合
  • 青少年の携帯電話インターネット利用状況を適切に把握する等により、当該青少年が有害情報の閲覧をすることがないようにする場合

保護者から提出された書面またはその内容を、携帯電話インターネット接続契約が終了する日または使用者の青少年が満18歳に達する日まで保存しなければいけません。

フィルタリングの設定義務

神奈川県では、青少年保護育成条例により、青少年が使用するスマートフォン等について、フィルタリングサービスを利用する役務提供契約を締結する場合、購入時や機種変更時にフィルタリングを店頭で設定しない場合には、必ず保護者から保護者からの書面等による申出が必要となります。保護者から提出された書面等については当該契約日から1年間保存しなければいけません。

 

【参考様式】青少年有害情報フィルタリングサービスを利用しない旨等の申出書(フィルタリング解除理由申出書)(PDF:41KB)
※これは、参考様式として条例に規定されている事項を書面にしたものです。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa