平成23年度 青少年の健全育成を進める県民大会開催結果

掲載日:2019年1月11日

青少年の健全育成を地域で実現するために、家庭、学校、地域が相互に連携・協力を深め、地域活動の活性化を図るうえでの課題等を考える場として、「平成23年度青少年の健全育成を進める県民大会」を開催しました。

1 日時
平成23年7月9日土曜日 13時から16時
2 場所
神奈川県立青少年センターホール(横浜市西区紅葉ヶ丘9-1)
3 主催
かながわ青少年社会環境健全化推進会議、神奈川県青少年総合対策本部
(神奈川県、神奈川県教育委員会、神奈川県警察本部)、横浜市
4 大会テーマ
青少年を守り・支え・育てるために ~地域で取り組む絆づくり~
5 参加者
569人
6 プログラム
 司会者:西山 桃さん、川崎 真子さん(横浜市立戸塚高等学校)
 
  • オープニング
     横浜創英中学校・高等学校バトン部
    横浜創英中学校・高等学校バトン部1横浜創英中学校・高等学校バトン部2
  • あいさつ
     神奈川県知事 黒岩 祐治
     横浜市副市長 山田 正人
  • パネルディスカッション
    • コーディネーター
      • 田中 雅文 氏(日本女子大学人間社会学部教授)
    • パネリスト
      • 神﨑 良嗣 氏(こどもの幸せを実現する会会長:横浜市)
      • 塚田 尚子 氏(藤沢市片瀬地区青少年指導員)
      • 大野 悟 氏(平塚市立太洋中学校 前PTA会長)
    • 青少年パネリスト(厚木市ジュニアリーダー)
      • 小澤 侑未 さん(県立希望ヶ丘高等学校)
      • 林 優実子 さん(県立希望ヶ丘高等学校)
      • 足立ひかり さん(横浜市立岡村中学校)
      • 有田 由布 さん(横浜市立岡村中学校)
      パネリスト・コーディネーター青少年パネリスト

<パネルディスカッションの概要>

 パネルディスカッションは、日本女子大学教授の田中雅文教授がコーディネーターを務め、地域で取り組む絆づくりについて議論が行われました。

(パネリストの意見)

 こどもの幸せを実現する会会長の神﨑良嗣さんからは、「地元中学校での活動を踏まえて、他の関係者に望むばかりではなく、自分たちの団体で自分たちができることを、子どもたちのためにやっていこうという姿勢で会の運営に臨んでいる」との意見。

 藤沢市片瀬地区青少年指導員の塚田尚子さんからは、「夜間パトロールなどの取組を踏まえて、各団体が連携していくには、日ごろのコミュニケーションやそれぞれの立場、目的をコーディネーターが理解して、大きな目的に向かって調整していくことが大事。地域で何が足りないのかを情報収集して、できることを協力していけたらと思う」との意見。

 平塚市立太洋中学校前PTA会長の大野悟さんからは、「子どものことで手を抜いてしまうと10年後に結果が返ってくる、やはり青少年のうちに大人がきちんと指導をすることが必要」との意見が出されました。

 青少年パネリストからは、「地域の方々との交流の場を設けて、話をする機会を持ったり学校全体で挨拶に取り組むなどの活動を続けることにより地域の絆がより深まると思う」、「大人が私たちのために色々な活動をしていることを自覚しながら生活していくことが必要」、「本当にお互いに歩み寄って、愚痴や意見を言いつつ、良い環境を一緒に作っていけたらと思う」、「今後は私たちも地域での交流を深め、後輩たちがボランティア活動を通して、色々な人との関わりを深めてくれたらと思う」などの意見が出されました。

(まとめ)

 最後に田中教授が、本日感じた3つのポイントとして、(1)大人と青少年はまちづくりのパートナー。大人はそれなりに経験があるので、サポートするなどして、お互い学び合いながら、共に高め合うことが大切。(2)世代を超えた循環の中で地域が維持されている。子どもたちを育てることは、将来の大人、子どもの世話をできる大人を育てるということでもある。(3)高校生段階において、地域活動の中で良いものに巡り会えると成長するので、地域や社会とのつながりのあり方をもっと真剣に考えることにより、素晴らしい大人を育てることにつながる。

 サブテーマに「絆」という言葉が入っているが、地域の大人と子ども、青少年の中での世代を超えた様々なつながり、絆の中で地域が維持され、発展し、人々が育っていくという印象を持ったとまとめられ、パネルディスカッションは終了しました。

<大会アピール>

 かながわ青少年社会環境健全化推進会議の鈴木会長、パネルディスカッション参加者が舞台中央に集い、大会アピールを読み上げ、会場からの拍手により承認されました。


大会アピール

平成23年度 県民大会アピール

 ここに集う私たちは、家庭や地域で青少年を守り、支え、育てていく責任があります。
そのために、本日話し合われた「地域での絆づくり」に向けて、私たちは青少年とともに、次の行動を起こ すことを宣言します。(推進会議:鈴木会長)

 大人と子どもが共に歩みながら成長し、互いの絆を深め、大好きな街をつくっていきます。(神﨑氏)

 私達大人は、あたたかい地域づくりをめざし、協力して子ども達を守り育てていきます。(塚田氏)

 地域の子どもは地域が育てる。子どものことに手を抜かず、私達は愛情を持って、子ども達を見守ります。 (大野氏)

 

 以上、ここに集う私たちは宣言し、県民の皆さんに呼びかけていきます。

 

平成23年7月9日

青少年の健全育成を進める県民大会

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa