関係業界団体との協働

掲載日:2018年4月26日

「神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例(平成19年7月1日施行)」は、保護者、事業者、県民、県の一体的な取組により、青少年の喫煙や飲酒を防止する社会環境づくりを進めることを目的としていますが、特に事業者の方々が、青少年には販売しない、提供しないという強い決意で取り組んでいただくことが必要です。

そこで県は、たばこや酒類の販売・提供に関する業界団体のリーダーシップに期待し、青少年の喫煙や飲酒の防止に向けて協働で取り組んでいくこととしています。

1 協働宣言の発表

平成19年1月26日、県と関係業界6団体は、神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例の趣旨に基づき、青少年の喫煙や飲酒の防止に向けて協働で取り組むことに合意し、協働宣言書に署名し、発表しました。

協働宣言参加団体の集合写真

協働宣言署名式

平成19年1月26日 於:神奈川県庁


署名団体(7団体)

神奈川県青少年の環境に関係する業界協議会

神奈川県飲食業生活衛生同業組合

神奈川県小売酒販組合連合会

神奈川県たばこ商業協同組合連合会

(社)日本たばこ協会

(社)日本フランチャイズチェーン協会

神奈川県

※団体名は50音順(神奈川県を除く)


2 協働会議の設置

平成19年5月、県と関係業界8団体は、協働宣言の趣旨を踏まえ、協働の取組を協議する場として「青少年の喫煙飲酒防止のための関係業界と県との協働推進会議(略称:協働会議)」を設置しました。

今後、この協働会議の場を通じて、協働による周知啓発や実態把握のために一体的に取り組んでいきます。

<協働会議構成団体>

神奈川県飲食業生活衛生同業組合

神奈川県小売酒販組合連合会

神奈川県たばこ商業協同組合連合会

(社)日本たばこ協会

(社)日本フードサービス協会

(社)日本フランチャイズチェーン協会

日本たばこ産業株式会社横浜支店

日本チェーンストア協会関東支部

神奈川県 ※団体名は50音順(神奈川県を除く)

主な取組

団体加盟店舗にPOPを掲示します

県と関係業界による協働啓発ポスターを作成します

 

<販売店・飲食店の皆様へ>

年齢確認POPを掲示しましょう

県では、お店での証明書による年齢確認の後押しをするため、購入者等に年齢確認の協力を呼びかける内容のPOPを作成しています。お酒・たばこを扱うお店での掲示をお願いします。関係業界団体事務局又は県にお問い合わせください。

POP

(サイズ:縦6.5cm、横10cm程度)


このページの先頭へもどる

本文ここで終了

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa