DVD「青少年喫煙飲酒防止条例」の概要

掲載日:2018年4月26日

条例の内容を解説したDVDができました!

DVDタイトル

神奈川県では、青少年の喫煙・飲酒を防止する社会環境づくりを進めるために、「神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例」を制定しました。
このDVDでは、落語や寸劇を通して、条例のポイントをわかりやすく解説していきます。
「ダメなものはダメ!」を合言葉に皆さんで何ができるか考えていきましょう。


DVDは県関係機関(各地域県政総合センター県民課、県政情報センター、各地域県政情報コーナー、県立図書館)にもあります。
また、研修会等さまざまな場面でご活用いただけるよう青少年関係機関(各市区町村青少年主管課、PTA関係団体等)や関係業界団体に配付しています。

※このDVDの貸出を希望される場合はお電話にてお申し込みください。
【DVD貸出受付】 電話045-210-3848
※下記のインターネット放送局でご覧いただくこともできます。


紹介ビデオと詳細ページ

こちらから、青少年喫煙飲酒防止条例の紹介ビデオをご覧いただけます。ビデオの内容は、このページでも紹介しています。


神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例の詳細は、こちらからご覧ください。


DVD「神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例-ダメなものはダメ!を皆さんとともに-」の内容

はじめに画像

はじめに

神奈川県では、保護者・事業者・県民そして県が一体となって、青少年の喫煙・飲酒を防止する社会環境づくりを進めるため、「神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例」を制定しました。
(平成19年7月1日施行、一部は平成20年7月1日施行)
この条例で「青少年」とは20歳未満の方をいいます。

保護者の皆さんへ

保護者の皆さんは、日ごろからお子さんと話し合う時間を持ち、喫煙や飲酒の兆候を見逃さないようにしましょう。
また、大人が青少年にたばこやお酒を勧めたり、場所を提供したり、買い与えたりしないようにしてください。
さらに、たばこやお酒のお遣いは、喫煙や飲酒に対する抵抗感を下げる恐れがあるので、頼まないようにしましょう。

保護者の皆さんへ画像

事業者の皆さんへ画像

事業者の皆さんへ

事業者の皆さんは、たばこやお酒を販売・提供する際、お客さんが青少年と思われる場合には、証明書で年齢を確認してください。
また、青少年に売らないための工夫などを考えて実行しましょう。
さらに、たばこやお酒の自動販売機には、青少年の利用を防止する措置(平成20年7月1日施行)をしましょう。

県民の皆さんへ

県民の皆さんは、日ごろから青少年に声かけをするなど、地域で青少年が喫煙や飲酒をしにくい社会環境づくりを進めましょう。
また、販売店や飲食店で、年齢確認のための証明書を求められた場合には、運転免許証や学生証などを提示するようお願いします。
さらに、青少年にたばこやお酒を勧めたり、場所を提供したり、買い与えたりしないようにしてください。

県民の皆さんへ画像

県の取組は画像

県の取組は

県では、関係機関・関係団体と連携、協力し取り組みを進めます。
また、たばこやお酒の販売・提供を行う事業者の方に対し、実態調査や立ち入り調査を行い、必要な指導などを実施しますので、事業者の皆さんはご協力をお願いします。

さいごに皆さんへ

「ダメなものはダメ!」を皆さんとともに
保護者・事業者・県民そして県それぞれの取り組みを確認してみましょう。

さいごに皆さんへ画像

全編で19分の映像資料です。チャプターメニューごとにもご覧いただけます。


【協力】

株式会社いなげや、住友林業株式会社、株式会社スリーエフ、tvkハウジングプラザ横浜、社団法人日本たばこ協会、横浜市市民文化会館関内ホール

【制作】

tvkコミュニケーションズ

【企画】

神奈川県県民部青少年課
(著作権は県に帰属します)


このページの先頭へもどる

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa