青少年を取り巻く問題と保護者の意識に関するウェブ調査

掲載日:2019年3月29日

調査の目的

青少年保護育成条例及び青少年喫煙飲酒防止条例への保護者の対応状況等について把握することで、今後の施策推進の参考とします。

平成30年度 調査の概要

調査期間 

平成31年2月8日(金曜日)から2月10日(日曜日)

調査方法

ウェブ事業者登録モニターへのアンケート調査

調査対象者

県内在住の18歳未満の子を有する保護者2,000名

主な調査項目

青少年保護育成条例

条例の周知度、青少年のインターネット利用に関する保護者の認識(ルールづくり、フィルタリング等)、青少年指導員の認知度

青少年喫煙飲酒防止条例

条例の周知度、条例を知ったきっかけ、証明書による年齢確認の実施状況に対する保護者の認識、青少年の喫煙飲酒防止に向けての取組に対する保護者の要望 等

調査結果

 

平成30年度青少年を取り巻く問題と保護者の意識に関するウェブ調査(PDF:687KB)

過去の調査結果

平成29年度青少年を取り巻く問題と保護者の意識に関するウェブ調査結果[PDFファイル/338KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa