「ヒアリ」に関するお知らせ

掲載日:2018年7月6日

ヒアリを発見したら「ヒアリコールセンター」へ

電話045-210-4319 自然環境保全課野生生物グループ 

8時30分から17時15分(土日祝を除く)

※平成29年10月21日(土曜日)より、土曜日、日曜日、祝日は休止し、平日のみの開設といたします。

 

万が一、ヒアリと思われるアリを見つけた場合は、刺激をせず、毒を持つため手で触れないようにしてください。

そして、発見日時、発見者、発見場所、発見時の状況についてご連絡ください。

なお、環境省「ヒアリ相談ダイヤル」でも下記の番号で情報を受け付けています。

環境省「ヒアリ相談ダイヤル」 電話0570-046-110
受付曜日:月・水・金・土・日・祝 (※7月~9月は毎日利用可能です
(※12月29日~1月3日は除く)
受付時間:9時00分から17時00分
※一部機種では利用できないため、その場合は「06-7634-7300」にご連絡ください。

特定外来生物「ヒアリ」の特徴

ヒアリ画像

(画像:環境省HPより)

体長:約2.5mmから6.0mm程度

体色:全体は赤茶色、腹部は黒っぽい赤色

おしりに毒針がある

土でドーム状のアリ塚を作る

ヒアリの簡易的な見分け方(環境省資料)[PDFファイル/214KB]

【ヒアリ・アカカミアリ抜粋】特定外来生物の同定(クモ・サソリ、昆虫類)(環境省資料)[PDFファイル/662KB]

(参考)アカカミアリについて(環境省資料)[PDFファイル/174KB]

(参考)アリグモとヒアリの見間違いにご注意![PDFファイル/40KB]

参考

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/fireant.html【環境省:ヒアリに関する諸情報について】

ヒアリに関する普及啓発チラシの配布について(依頼)[PDFファイル/64KB]

【小学生向け】ヒアリに注意[PDFファイル/126KB]

【中学生・高校生・教員等向け】ヒアリに注意[PDFファイル/140KB]

ヒアリに気をつけて(横浜)[PDFファイル/828KB]

ヒアリに刺されたら

ヒアリの毒への反応は、人によって大きく異なります。刺されたときには安静にし、急激に容態が変化する場合には速やかに医療機関を受診してください。

特に、めまい、嘔吐、息苦しさなどの症状が出た場合は、「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応)」の可能性がありますので、救急車を要請するなど、速やかに医療機関を受診してください。

また、受診の際は、「アリに刺されたこと」、「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてください。

参考

ストップ・ザ・ヒアリ[PDFファイル/6.79MB](ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)【環境省作成】

横浜港における「ヒアリ」の確認について

横浜市の横浜港における一般市民の立入が制限されている港湾エリア内で、「ヒアリ」の個体が発見されました。発見されたヒアリは、既に緊急駆除されました。

現段階では、港湾エリア外での発見情報はないため、地域に定着している可能性は低いと考えられますが、万が一、ヒアリを発見した場合は、上記「ヒアリコールセンター」までご連絡ください。

171016環境省記者発表資料[PDFファイル/229KB]

(参考:アカカミアリ)171013環境省記者発表資料[PDFファイル/255KB]

171006環境省記者発表資料[PDFファイル/282KB]

170906環境省記者発表資料[PDFファイル/304KB]

170714環境省記者発表資料[PDFファイル/335KB]

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019