神奈川県生物多様性アドバイザー派遣制度

掲載日:2018年7月26日

アドバイザー派遣制度とは

生物多様性保全に配慮した施策・事業の推進や、保全活動の参加を促進するため、生物多様性に関連する事業において、アドバイザーを派遣する制度です。

「希少種の保全のため何をすべきだろう?」「生物多様性のことがよくわからないので学びたい!」など、気になることがございましたらぜひご相談ください。

神奈川県生物多様性アドバイザー派遣制度のご案内(チラシ)(PDF:219KB)

派遣の利用について

〈アドバイザー派遣の対象となる主体〉

 県内の団体、企業、市町村

 ※法人格の有無は問いません。
 ※団体は5人以上が対象です。

〈主な対象事業〉

 生物多様性に関連する取組・活動(営利目的でないものに限ります。)

 例えば・・・

  • シンポジウム・講演会
  • 勉強会・研修会・相談会
  • 自然観察会・生きもの調査
  • 普及啓発イベント 

〈派遣費用〉

 無料(県の基準により自然環境保全課からアドバイザーに謝金をお支払いします。)
 ※会場費用など諸費用は申請者の負担となります。

派遣の流れ

(1)事前相談

 希望される方は、まず以下の連絡先に事前にご相談ください。
 内容等をお聞きした上で、アドバイザーをご紹介します。

 問合せ先
  自然環境保全課 緑地グループ 電話:045-210-4310(直通)

(2)派遣申請

 申請書類等を開催日の概ね1か月前までに自然環境保全課に提出してください。

(3)派遣通知

 内容を審査し、派遣の可否について申請者に通知します。

(4)実施

 アドバイザーが現地に伺います。

(5)報告書提出

 派遣終了後、2週間以内に自然環境保全課に報告書を提出してください。

 

 

神奈川県生物多様性アドバイザー派遣制度実施要綱

詳細は要綱をご覧ください。

神奈川県生物多様性アドバイザー派遣制度実施要綱(PDF:259KB)

申請書(ワード:17KB)

事業実施報告書(ワード:13KB)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。