病床整備に関する事前協議について

掲載日:2018年10月24日

平成30年度 病床整備に関する事前協議について

病院を開設若しくは増床するとき、または、診療所に病床を設置若しくは増床するときは、開設許可等の申請の前に各保健所設置市及び各保健福祉事務所へ事前協議の申出が必要です。
平成30年度は、次により病床整備に関する事前協議を行いますのでお知らせします。

対象とする保健医療圏、病床数及び公募条件

平成30年4月1日現在の療養病床及び一般病床の既存病床数(昨年度までの事前協議承認分等を含む)が、神奈川県保健医療計画に定めた基準病床数を下回り、かつ、神奈川県保健医療計画推進会議等で必要性が認められた、次の二次保健医療圏及び病床数が対象となります。なお、公募条件は別紙(PDF:199KB)のとおりです。

二次保健医療圏名 市区町村 病床数
横浜 横浜市 855
県央  厚木市、海老名市、座間市、大和市、綾瀬市、愛川町、清川村 99
 

申出資格

  • 病院の開設または病院の病床数の増加を予定する者
  • 診療所の病床の設置または診療所の病床数の増加を予定する者

審査の視点

  • 関係法令に抵触していないこと
  • 神奈川県保健医療計画との整合性があること
  • 病院等の開設等の計画に確実性があること

申出要件

 原則として、申出の翌年11月30日までに法に基づく病院等の開設等の許可申請を行うこと。

 工事を伴う場合においては、次に定める期間内に工事契約の締結を行い、当該工事契約書を知事(ただし、開設予定場所が保健所設置6市の区域内にあるときは、各当該市の長)に提出することができる場合に限るものとする。

ア 改修(建物の主要構造部分を取り壊さない模様替及び内部改修)等による増床の場合は、病床配分の決定通知日から1年以内

イ 新設(移転再整備を含む)及び増改築を伴う増床の場合は、病床配分の決定通知日から2年以内

ウ 新設のうち、再開発事業・土地区画整理事業等を伴う場合については、事業計画で予定する期日

エ 前3号に関わらず、知事(ただし、開設予定場所が保健所設置6市の区域内にあるときは、各当該市の長)と調整した結果、これにより難いことが認められる場合は、調整のうえ必要と認めた期間

申出期限

平成30年11月30日 金曜日 まで

スケジュール

平成30年11月30日まで 病院開設等の申出受付

平成31年1月から2月 地域医療構想調整会議(地区保健医療福祉推進会議)、市保健医療協議会等の意見聴取

平成31年2月下旬から3月 県保健医療計画推進会議の意見聴取、県医療審議会への報告、申出者への結果通知

事前協議書の様式

別紙様式[Wordファイル/19KB]のとおり 

病院等の開設等に関する指導要綱

別紙要綱(PDF:217KB)のとおり

問合せ先及び事前協議書提出先

  • 各二次保健医療圏ごとに公募条件を設けていますので、あらかじめご確認ください。
  • 詳しくは、次の開設予定場所を所管する窓口にお問合せください。
二次保健医療圏名 保健所設置市及び保健福祉事務所
横浜 

横浜市医療局医療政策課(横浜市)

電話 045(671)4827(直)

横浜市ホームページへのリンクはこちら

県央

厚木保健福祉事務所(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村)

電話 046(224)1111(代)企画調整課

厚木保健福祉事務所大和センター(大和市、綾瀬市)

電話 046(261)2948(代)管理企画課

このページの先頭へもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。