メディカル・イノベーションスクール キックオフシンポジウムを開催しました

掲載日:2020年7月27日

―シンポジウムの結果概要ー

平成29年2月3日(金曜日)、パシフィコ横浜において『メディカル・イノベーションスクール キックオフシンポジウム-世界に羽ばたくグローバルな保健医療人材の育成を目指して-』を開催しました。
シンポジウムでは、県が推進するヘルスケア・ニューフロンティアの取り組みや、その中でメディカル・イノベーションスクール(MIS)が果たす役割、MISでの養成人材像、修了後のキャリアパスなどについての講演、およびパネルディスカッションが行われました。

黒岩知事の講演鈴木参与の講演
パネルディスカッションの様子シンポジウム会場の様子

写真で見る!「黒岩日記」でも紹介しておりますのでご覧ください。
(リンク)平成29年2月3日(金曜) メディカル・イノベーションスクール キックオフシンポジウム

1 シンポジウム概要

日時

平成29年2月3日(金曜日) 13時00分-16時30分

場所

パシフィコ横浜 303会議室

参加者数

約70名

2 プログラム

メディカル・イノベーションスクール キックオフシンポジウム 配布資料[PDFファイル/1.8MB]

13時00分-13時10分 開会の挨拶

黒岩祐治(神奈川県知事)

13時10分-13時40分 基調講演「次世代に向けたヘルスケア領域におけるグローバルリーダーの育成」

鈴木寛(東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策・メディア研究科兼総合政策学部教授、神奈川県参与)

13時50分-15時10分 パネルディスカッション「MIS構想と世界に羽ばたくMIS後のキャリア」

ジュリア・プエブラ・フォルティエ(DiversityRxエグゼクティブディレクター)
竹内正弘(北里大学薬学部臨床医学教授、ハーバード公衆衛生大学院AdjunctProfessor、神奈川県顧問)
ダニー・リスバーグ(フィリップスエレクトロニクスジャパンCEO)
レイラ・マッケイ(Centre for Urban Design and Mental Healthディレクター)
首藤健治(神奈川県理事)

15時10分-15時25分 質疑応答・ディスカッション

15時25分-15時30分 閉会の挨拶

山口健太郎(神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進統括官)

15時30分-16時30分 レセプション

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。