地域医療構想を踏まえた「2025年に向けた対応方針」の作成について

掲載日:2018年8月31日

「2025年に向けた対応方針」の作成

趣旨

神奈川県では、地域医療構想の推進に向け、病床機能の分化・連携や、地域における今後の医療提供体制のあり方などについて検討を始めているところですが、今後、各地域の地域医療構想調整会議等において、構想区域内の民間病院も含めた各医療機関の今後の対応方針について、情報共有と意見交換等を進めていく予定です。
このため、民間医療機関にも、2025年に向けた対応方針の作成をお願いするものです。
 

作成対象医療機関

一般病床・療養病床を有する病院

依頼文書・様式

様式は、こちらからダウンロードのうえ、作成してください。

提出期限

平成30年9月28日(金曜日)

提出方法

メールへのファイル添付により提出してください。

提出先

医療機関所在地の構想区域 提出先

横浜

川崎北部、川崎南部

相模原

湘南東部

神奈川県健康医療局保健医療部医療課

(提出先メールアドレスは作成依頼文書に記載)

横須賀・三浦

鎌倉保健福祉事務所 企画調整課

(提出先メールアドレスは作成依頼文書に記載)

湘南西部 平塚保健福祉事務所企画調整課

(提出先メールアドレスは作成依頼文書に記載)

県央

厚木保健福祉事務所企画調整課

(提出先メールアドレスは作成依頼文書に記載)

県西 小田原保健福祉事務所企画調整課

(提出先メールアドレスは作成依頼文書に記載)

留意事項

  • 平成30年度及び31年度中に、病床機能の転換(改修等を行う場合のほか、関東信越厚生局への施設基準届出等により病床機能が変わる場合も含む)、増床や減床などを予定している場合は、地域医療構想調整会議での協議の対象となりますので、具体的な計画の内容や時期等を明記して提出するようにしてください。
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる