平成31(2019)年神奈川県独自地域限定保育士試験

掲載日:2019年12月2日
合格通知書・一部科目合格通知書の送付について

「合格通知書」:試験に合格した方

「一部科目合格通知書」:筆記試験で一部の科目が合格した方、保育実技講習会の未修了の方

【送付期間】令和2年1月17日(金曜日)から1月23日(木曜日)までの間に送付します。

※筆記試験にて合格科目がなかった方については、通知書は送付しません。

※上記期日を過ぎても届かない場合は、必ず令和2年1月30日(木曜日)までに試験事務局(電話:03-6633-8985)まで連絡してください。

 

令和2年>神奈川県独自地域限定保育士試験について

令和2年の神奈川県独自地域限定保育士試験の実施の有無については、現時点では未定です。

実施する場合は、令和2年2月中旬以降に県のホームページで発表する予定です。

神奈川県独自地域限定保育士試験について

  • この試験は、試験合格者が神奈川県内でのみ保育士として働くことができる保育士資格(地域限定保育士)が得られる保育士試験です。なお、地域限定保育士としての登録から3年経過した後は全国で保育士として働くことができます。
  • この試験は、筆記試験の全科目を合格した者が受験する実技試験に代わり、保育実技講習会を実施します。講習会修了者に対して合格通知を送付します。
  • 地域限定保育士試験と全国共通試験との間では、合格科目の引継ぎを行います。

試験日程

  • 筆記試験:令和元年8月10日(土曜日)、11日(日曜日) 筆記試験会場について
  • 保育実技講習会:令和元年10月から11月(この間、5日間程度)

「筆記試験結果通知書」及び「保育実技講習会のご案内」について

  • 送付期間:令和元年9月4日(水曜日)から9月10日(火曜日)
  • 通知書に誤りがあった場合や通知書を紛失した場合、また、上記期日を過ぎても届かない場合は、9月17日(火曜日)までに試験事務局(電話:03-6633-8985)まで連絡してください。
  • 保育実技講習会に関する問い合わせは、上記期間に送付する「保育実技講習会のご案内」に記載されている事業受託者の窓口までご連絡ください。

筆記試験問題について

  • 筆記試験の試験問題及び正答については、このリンク先から閲覧できます。
  • 試験問題の解説等については、個別にお答えすることは一切できませんので、ご了承ください。

申込み方法

受験申請に当たっては、「受験申請の手引き」入手後、試験手数料を銀行窓口にて納付し、受験申請書書類を専用封筒にて郵送していただきます。

県庁における「受験申請の手引き」配布について (配布は締切ました)

  • 県庁では「受験申請の手引き」を受験申請締切日までの間、配布いたします。
  • ※県政情報コーナーでの配布については、各所の在庫が少なくなってきましたので、配布窓口を県庁に一本化して配布させていただきます。
  • 配付時間 月曜日~金曜日の午前9時00分~午後5時15分(祝日を除く)
  • ※大型連休(ゴールデンウィーク)期間中(4月27日~5月6日)は、配布を行っておりません。

【県庁配布窓口】

  • 神奈川県次世代育成課(神奈川県庁第二分庁舎3階)
  • 県庁へのアクセスはリンクをご覧ください。

「受験申請の手引き」の郵送請求について (受付は締切ました)

  • 請求期間 平成31年4月2日(火曜日)から4月17日(水曜日)(当日消印有効)
  • 受験申請の手引き及び様式(申請書除く)については、このリンク先から閲覧できます。

受験申請について (受付は締切ました)

  • 受験申請期間 平成31年4月12日(金曜日)から5月10日(金曜日)(当日消印有効)
  • 専用封筒に受験申請書類を入れ、郵便局の窓口から簡易書留にて郵送してください。

試験手数料について

  • 12,700円
  • 神奈川県指定の納付書により金融機関の窓口(ゆうちょ銀行・郵便局除く。神奈川県内に本支店のある金融機関)にて納付してください。

受験資格について

  • 全国試験と同様です。神奈川県外の在住の方も受験していただけます。
  • ただし、幼稚園教諭免許所有者で筆記試験の全科目が免除になる方については、神奈川県独自地域限定保育士試験の受験対象外となります。該当の方で受験申請される方は、全国試験の実施機関である一般社団法人全国保育士養成協議会が実施する試験にお申込みください。
  • 受験資格の詳細は、受験資格リンクページをご覧ください。

科目免除制度について

  • 保育士試験には筆記試験合格科目の免除制度、幼稚園教諭免許所有者の免除制度、福祉系国家資格所有者の免除制度があります。詳細は、科目免除制度リンクページをご覧ください。

保育実技講習会について

  • 県独自地域限定保育士試験を受験し、筆記試験の全科目に合格した者を対象とします。
  • 開講時期は平成31年10月から11月です。
  • 平日コース、休日コース等のコース別に実施する予定です。なお、講習内容のうち、保育実践見学実習については、基本的に平日に実施します。
  • 講習内容・講習時間については、音楽表現に関する演習(90分×4コマ)、造形表現に関する演習(90分×4コマ)、言語表現に関する演習(90分×4コマ)、保育実践見学実習の事前指導(60分)、保育実践見学実習(1日)、保育実践見学実習の事後指導(120分)の合計27時間(約5日程度)です。
  • 詳細については、このリンク先から閲覧できます。
  • 講習会のすべての科目を受講した受講者について、県で定める評価基準に基づき修了認定を行います。
  • 講習会で使用するテキスト代、保育実践見学実習に係る保険料等については受講者に負担していただきます。また、保育実践見学実習の参加園により検査(胸部X線、検便、麻疹(はしか)抗体検査等)が求められる場合があり、その場合の検査費用についても受講者負担となります。

よくあるご質問について

質問 回答
全国共通試験(前期実施分)を受験したが、県独自地域限定保育士試験を受験する場合、合格科目は引き継がれるのか。 合格科目は引継ぎます。なお、必ず、受験申請時に「前期試験」の「受験票の写し」を添付し、受験票に記載の「管理ID」を受験申請書に記載してください。
筆記試験科目は合格しており、残りは実技のみだが、保育実技講習会のみ受講することはできるのか。 受講可能です。5月10日までに受験申請をしてください。
筆記試験の一部の科目を地域限定保育士試験で合格した場合、地域限定保育士資格となるのか。
  • 県独自地域限定保育士試験の保育実技講習会を受講し、修了した方については、「地域限定保育士」となります。
  • 県独自地域限定保育士試験の筆記試験の一部科目について合格した方で、その後に行われた全国共通試験で残りの筆記試験科目に合格し、実技試験まで合格した方については、「保育士」となります。

 

 

お問い合わせ先について

受験申請の手引きの発送、受験申請書の提出に関すること

 (その他、受験票・筆記試験結果通知書・合格通知書の発送に関すること、住所氏名等変更に関すること)
  • 日本電子計算株式会社

 〒102-8235 東京都千代田区九段南1-3-1

 電話 03-6633-8985

 月曜日~金曜日の午前9時00分~午後5時15分(祝日を除く)

※日本電子計算株式会社は神奈川県の地域限定保育士試験指定機関です。

試験制度に関すること

 (その他、受験資格認定、認可外保育施設証明に関すること)
  • 神奈川県次世代育成課 子育て支援人材グループ

 〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1

 電話 045-285-0341

 月曜日~金曜日の午前9時00分~午後5時15分(祝日を除く)