ロボット共生社会推進事業

掲載日:2020年7月9日

ロボット共生社会推進事業の概要

県では「さがみロボット産業特区」(以下、「特区」という。)の取組を中心に、ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現に向けた取組を推進しています。
特区でこれまで支援し、実用化を図ってきた生活支援ロボット(以下、「ロボット」という。)をはじめとして、ロボットが活躍している様子を見たり、体験することでその効果を実感できるモデル空間「かながわロボタウン」を、辻堂駅周辺に展開するとともに、ロボットを活用したイベントを実施し、「県民にとっての見える化」を推進していきます。

目次

1:辻堂プロジェクト

2:江の島プロジェクト

 

1:辻堂プロジェクト

ロボットが活躍している様子を見たり、体験することでその効果を実感できるモデル空間「かながわロボタウン」活躍するロボットを広く全国から募集しています。

公募で採択されたロボットについては、辻堂駅周辺の施設において、実証・試用を実施していただき、実際に活躍している姿を発信していきます。

 

令和2年度の公募の詳細は、こちらから!(別ウィンドウで開きます)

 

令和元年度 公募採択ロボット一覧

 ロボット名称 主体事業者 実施概要
地域安全と健康見守りシステム 株式会社アイオーフィット

こちらから

ベッド見守りシステム NECネッツエスアイ株式会社
複数ロボット連携チラシ配りシステム 慶應義塾大学SFC研究所/FCL
屋内バキューム清掃ロボット CYBERDYNE株式会社
メディカルVRシステム 株式会社シアン
ショッピングモールにおける自律移動型案内ロボット 株式会社CIJ
自動追従・自律移動機能搭載物流支援ロボット 株式会社ZMP
座席後方から水平移動だけで移乗を可能とする、移乗・移動支援ロボット 株式会社テムザック
画像認識AIと対話AIを活用したヘルスケアステーション 株式会社ハタプロ
人手不足を解消するお手伝いロボット 丸文株式会社

 

2:江の島プロジェクト

ロボット共生社会推進事業の取組の一つとして、セーリング・ワールドカップシリーズ江の島大会の開催に合わせて、小田急電鉄株式会社、江ノ島電鉄株式会社、SBドライブ株式会社、先進モビリティ株式会社、コイト電工株式会社及び株式会社IHIと連携し、一般モニターを募集し、日本有数の観光地である江の島の公道において、自動運転バスの実証実験を行いました。

実証実験の概要詳細は、こちらから!
実施結果は、こちらから!

 


 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa