5指タイプのロボットハンドが無償貸与されます!

掲載日:2019年7月29日
2019年07月29日
記者発表資料

県では、「さがみロボット産業特区(以下、「特区」という。)」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。
このたび、特区の「重点プロジェクト」で支援しているダブル技研株式会社が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の支援を受け、公立大学法人首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校と共同で開発した汎用5指ロボットハンド「F-hand」について、市場のニーズにより適合したロボットハンドの開発を促進するために学術研究機関向けの無償貸与を実施することとなりましたのでお知らせします。

1 「F-hand」について

人間の手や指の微妙な構造を分析し、工学的に模倣した独自の構造を応用し、開発された5指タイプのロボットハンド。人間のように指や関節一つ一つの位置や動作を細かく制御せず、1個のモーターのみで手や指を連動させて対象物に自然になじませる(つかむ)ことが可能。

ロボットハンドの画像

(写真提供:公立大学法人首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校)

 

2 無償貸与の概要

 ・対象:日本国内の高等専門学校、大学、公的研究機関など学術研究機関に属する研究室及び研究者

 ・期間:2019年7月29日から2020年1月31日まで(予定)

 ・目的:さまざまな状況、環境、用途下での動作試験

 ※詳しくは、新エネルギー・産業技術総合開発機構のページをご覧ください。

 ・問合せ先:ダブル技研株式会社 R&D事業部 担当:山田氏 電話046-206-5611

 

問合せ先


産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650