生活支援ロボットの実証実験を行います!! ー公募型「ロボット実証実験支援事業」ー

掲載日:2018年11月9日
2018年11月09日
記者発表資料

県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、支援する「公募型『ロボット実証実験支援事業』」を推進しています。今年度は12件を採択しており、今回その中から次の1件の実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

 

◎実施概要

【実証実験】非接触バイタル生体センサーを活用した見守りサービス及び超音波センサーによる排泄予測
パナソニック株式会社(大阪府 門真市)
トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社(東京都 渋谷区)
 ロボットの概要 パナソニック

【介護・医療分野】
・非接触バイタル生体センサー(ルームセンサー)を活用した見守りサービスと、超音波センサーによる排泄予測デバイスから構成されます。
・両センサーのデータを連携させ、睡眠状態と排泄リズムを重ね合わせて把握することで、介護者、被介護者の夜間ケアの負担軽減を目指します。
 

(画像提供:パナソニック株式会社)

実験の概要

日時等

平成30年11月12日(月曜日)から平成31年1月31日(木曜日)まで
※1人あたり1カ月程度、合計3名程度の方を対象に実験を行います。

場所

介護老人福祉施設 わかたけ鶴見

内容

被介護者の「睡眠・排泄」行為に焦点をあてて、センサーから得られる情報を基に睡眠時間改善の定量比較、介護者の排泄ケア業務の定量・定性比較等を検証します。

取材について

一般には非公開ですが、取材は可能です。取材を希望される場合は事前に問合せ先にご連絡ください。

 

 

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

 課長 山崎

 電話045-210-5630(直通)

 技術開発グループ 松井

 電話045-210-5640(直通)