手首のリハビリをサポートするロボット「パワーアシストリスト」が商品化されます!

掲載日:2018年4月26日
2018年04月26日
記者発表資料

このたび、高いニーズを持つロボットの開発費の一部を県が補助する「ロボット実用化促進補助金」と、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(以下、「産技総研」という。)の「生活支援ロボットデザイン支援事業」を活用して開発したロボットが、次のとおり商品化されることとなりましたので、お知らせします。

 

【商品名】パワーアシストリスト「rewrist(リリスト)」

【機能】脳血管疾患により、手首が麻痺してしまった方などを対象に、空気圧を利用して、

使用者の手首部分を屈曲伸展させることができます。

グリップ部分を付け替えることで、左右の手首の運動が可能となります。

リリスト制御ボックス

画像提供:株式会社デンサン

 

【想定される用途】

脳卒中の片麻痺、脊柱管狭窄症、パーキンソン病、腱鞘炎などの手首の運動補助機器としてご利用いただけます。

また、高齢者の握力の維持にも効果が期待できます。

【販売者】

株式会社デンサン(横浜市中区相生町2-50 文盛堂ビル)

電話:045-662-8189

【販売開始日】平成30年5月9日(水曜日)

【レンタル価格】

リリスト単体 月5,980円(税抜)

リリスト+制御ボックス 月21,000円(税抜)

※仕様内容により異なります。販売者へお問い合わせください。

※制御ボックス(PAL-100/株式会社エルエーピー社製)を接続して使用します。

商品化に向けた県と産技総研の支援

開発費用や実証実験費用、市場調査費用等の一部に、県の「ロボット実用化促進補助金」を活用

産技総研が、ユーザーヒアリングに基づき、商品戦略・企画から3Dプリンターによる試作、製造監修までを一貫して支援

産技総研において、使用者にとって握りやすいグリップ、運動体制に無理ない形状、手首・腕の効果的な固定方法を検討するなど、安心・快適にご使用いただくための工夫を多数実施

デザイン支援前

デザイン支援前の試作機

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

 課長 山崎

 電話045-210-5630(直通)

 技術開発グループ 松井

 電話045-210-5640(直通)

 

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

 事業化支援部長 櫻井

 電話046-236-1503(直通)

 事業化促進グループ 伊東

 電話 同上