最先端ロボットプロジェクトの実証実験を行います!!

掲載日:2019年11月27日
2019年11月27日
記者発表資料

県では「さがみロボット産業特区」の取組を中心に、生活支援ロボットの実用化や普及・活用を推進しています。このたび、県民の課題解決に資する生活支援ロボットの実用化を推進するため、県民生活への影響、発展性、注目度などに優れた最先端のプロジェクトに採択された事業について、実証実験を行うこととしましたので、お知らせします。

事業名 人と建物の健康をサポートするIoTスマートホーム実証
事業実施者 大和ハウス工業株式会社
事業概要 itosmarthome
大和ハウスのスマートホーム技術に加え、NTTドコモのIoT技術や多様な企業とのアライアンスを活用し、「人の健康、建物、人のつながり」をコンセプトとする新たなIoTスマートホームの実用化を目指します。

実験の概要

日時 令和元年12月1日(日曜日)から令和2年2月29日(土曜日)まで
場所 さがみロボット産業特区内の個人宅
内容 新たなIoTスマートホームの実用化に向け、複数の個人宅にIoT機器や通信機器を設置し、システムの稼働状況の確認や、遠隔による保守の有用性といった技術的な検証を行います。 イメージ図
取材について 【実証実験は非公開】取材については、産業振興課あてお問い合わせください。
その他 令和2年2月以降に、藤沢市内の戸建分譲住宅地「セキュレアシティ藤沢翼の丘」のモデルハウス内で、新たなIoTスマートホームで想定されるサービス検証の実施を予定しています。

 

参考

 最先端ロボットプロジェクトの詳細については、次のホームページをご覧ください。

 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/saisentan.html

問合せ先

産業労働局産業部産業振興課

課長 遠藤
電話 045-210-5630

さがみロボット産業特区グループ 本間
電話 045-210-5650