モーションリフレクト式パワーアシストハンドが商品化されます!

掲載日:2019年6月7日
2019年06月07日
記者発表資料
(県政・厚木記者クラブ同時発表)

県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。このたび、特区の「重点プロジェクト」として、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(以下、「産技総研」という。)とともに開発を支援したロボットが、次のとおり商品化されることとなりましたので、お知らせします。

【商品名】

エアレハ500(モーションリフレクト式パワーアシストハンド)

a

【機能】

・脳血管疾患や怪我により手や指が麻痺や拘縮(こうしゅく)した方のQOL(生活の質)向上のため、空気圧を利用して、5指それぞれの関節動作を安全にサポートする装置です。
・健常な片手の動きをセンサーで読み取り、麻痺している手に動きを伝えて同じように動かす(モーションリフレクト)を行う「センサーモード」のほか、様々な指の形を作る「指体操モード」などを搭載しています。

【販売者】

株式会社エルエーピー(厚木市妻田西1-19-22)
電話:046-204-9343

【販売価格】

オープン価格

【県と産技総研の支援】

県において実証実験やビジネスモデルの構築等を支援。また、産技総研において、「生活支援ロボットデザイン支援事業」により商品戦略・企画面から「パワーアシストシリーズ」ブランドの確立に向
けて支援を実施。

b

 

 

問合せ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長 遠藤 電話045-210-5630
さがみロボット産業特区グループ 本間 電話045-210-5650

地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所
事業化支援部長 櫻井 電話046-236-1503
事業化促進グループ 伊東 電話 同上