【注目の中小企業に学ぶ!】ネットで650万円の資金をたった2週間で集め、新規事業を成長させたメーカーのこだわりと成功の要因とは?

掲載日:2018年3月26日
ロゴ

 

ボタン

はじめに 

福岡の老舗明太子屋の2代目が、カメラ関連グッズの新規事業をゼロから立ち上げ、5年で売上を5倍に、取扱店を全国24店舗まで伸ばしている─。その成功の背景には、今新しい資金調達方法として注目される「クラウドファンディング」の活用があります。

クラウドファンディングは、新商品開発など、まとまった初期投資を必要とするプロジェクトをインターネット上で広く一般に公開し、消費者から資金を募る仕組みです。また、資金だけでなく、直接消費者と繋がることによるロイヤリティの高い顧客の獲得、質の良い宣伝効果など様々なメリットもあります。


ULYSSESホームページkibidangoホームページ



今回のイベントについて

今回のイベントでは、第二創業・事業転換成功のヒントと、事業展開の加速を後押しするクラウドファンディングの活用方法について、スピーカーの経験談を通して、より実践的に学んで頂きます。

スピーカーは、カメラ関連グッズの企画・販売を行う「ユリシーズ」代表の魚住謙介氏。福岡の老舗明太子屋「有限会社魚住」の2代目として既存事業を運営する傍ら、カメラアクセサリーの新規事業をゼロから立ち上げ、順調に業績を伸ばしています。クラウドファンディングでは、「今までにない高機能なメッセンジャー型カメラバッグ」の開発資金として、2週間で650万円の調達に成功し話題となりました。

kibidangoホームページ

モデレーターは、魚住氏が資金調達を行ったクラウドファンディングサイト「kibidango(きびだんご)」の代表・松崎良太氏が務めます。「kibidango」は2013年3月にスタートし、資金調達の成立率8割という高い水準を維持しているクラウドファンディングサイトです。(海外含む成立率の平均は4割といわれています)

新規事業の立ち上げや新商品開発で資金調達を検討している方はもちろん、既存事業の拡大のヒントをお探しの方のご参加をお待ちしております。

 

個別相談会も同時開催!

また、当日は2人によるトークセッションの後、希望される方に個別相談会を開催いたします(事前予約制)。
相談会では、「kibidango」のスタッフが個別に皆さんのご不明な点や事業のお話をお伺いし、クラウドファンディングの利用方法について具体的にアドバイスをさせて頂きます。

ボタン


日 時

平成27年7月8日(水曜日) 18時30分から21時30分 (18時00受付開始)

場 所

横浜市開港記念会館 9号室 (横浜市中区本町1丁目6番地)

アクセスマップ

対象者

新規事業の立ち上げや新商品開発で資金調達を検討されている方
既存事業の拡大のヒントをお探しの方 
クラウドファンディングに興味、関心のある県内事業者の方、企業支援機関の方 など

定 員 60名 (申込先着順)
参加費

無料

プログラム

【第1部】 (18時30分開始/20時30分終了予定)
トークセッション 〔ユリシーズ代表・魚住謙介氏 × きびだんご代表・松崎良太氏〕

【第2部】 (20時30分から順次開始/21時30分終了予定)
個別相談会《事前予約制》

※本イベントのチラシ
→ チラシのダウンロード[PDFファイル/516KB]

申込方法

フォームメールまたはFAXにてお申し込みいただけます。
メール:こちらからお申込みできます。
FAX:申込用紙に内容をご記入の上、FAX.045-210-8871にてお申し込みください。
申込用紙のダウンロード[Wordファイル/36KB]
※ご参加は先着順となっております。
※応募多数の場合にはお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。

【申し込み期限:7月6日(月曜日)】

問い合わせ先

神奈川県産業労働局産業部産業振興課

担当:稲田、松橋

TEL:045-210-5636(直通) FAX:045-210-8871

 

登壇者プロフィール

スピーカー

魚住謙介氏
「フォトライフ・ラボラトリーユリシーズ」代表 魚住謙介(うおずみけんすけ) 氏

福岡にある明太子の老舗「魚住」の店主として事業を運営する傍ら、2009年6月より「ユリシーズ」を立ち上げ、革や帆布など、ナチュラルな素材を使ったカメラ関連グッズのプロダクトデザインを開始。直営ネットショップの他、取扱店に東急ハンズ、代官山蔦屋書店T-site内の北村写真機店などがある。現在では、国内だけでなく海外の顧客からも注文が入るほどの人気ブランドに成長している。

 

モデレーター

松崎氏

きびだんご株式会社 代表取締役 松崎良太(まつざきりょうた)氏

慶應義塾大学経済学部卒業。コーネル大学経営学修士(MBA) 株式会社日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)で投資銀行業務に携わった後、ニューヨーク支店を経て2000年に楽天に入社。入社以来楽天グループの国内外のM&A;案件を多数手掛けると同時
に、グループの次なる事業の柱となるサービス探索・投資活動を行う。その後、執行役員ネットマーケ
ティング事業長兼事業企画・調査部長を経て独立。2013年2月22日に「きびだんご株式会社」を設立
し、クラウドファンディングとECを組み合わせた新しい事業エンパワーメントの仕組みを提供する
「kibidango(きびだんご)」をスタート。



ボタン

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる