ロボット体験キャラバン

掲載日:2018年5月25日

生活支援ロボットを体験してみませんか!?

生活支援ロボットの実用化・普及を図るため、介護施設や障がい者(児)施設などを訪問し、職員等に様々な生活支援ロボットを体験していただく「ロボット体験キャラバン」を実施しています。また、地域のコミュニティや福祉イベント等も対象としていますので、より多くの方にロボットを体験していただけます。

1 第1期募集期間

平成30年5月7日(月曜日)から平成30年6月15日(金曜日)まで

2 訪問先対象

県内の介護・障がい者(児)施設、医療機関、地域のコミュニティ、福祉イベント、学校 等

3 事業概要

(1) 実施期間
平成30年5月下旬から平成31年3月中旬まで(具体の訪問日は、別途調整します。)
(2) 訪問先での流れ(1回2時間から3時間程度)
ア) ロボットの機能・使い方などの説明
イ) ロボットの体験(適宜、質疑応答)
ウ) アンケートの記入
(3) 持参するロボット
下記ロボット一覧の中から事前に選んでいただいた6種類から8種類のロボットを持参します。
※ロボットの詳細はロボット一覧(PDF:306KB)をご参照ください。

4 応募方法

応募フォーム(https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/dform.do?acs=robotcaravan
ファクシミリ(応募様式(ワード:26KB)に必要事項を記載して送付してください)
※応募者多数の場合は、先着順となります。

 

キャラバン実施例

コミュニケーションロボット「パルロ」実演の様子 「マッスルスーツ」体験の様子

コミュニケーションロボット「パルロ」実演の様子
(特別養護老人ホーム香樹の里様)

「マッスルスーツ」体験の様子
(特別養護老人ホーム香樹の里様)

ロボットは随時募集しています!

本事業の趣旨をご理解いただき、通常使用範囲内での破損等はメーカー様がご負担いただくことをご了承ください。
見守り・コミュニケーションロボットの応募については、国又は県の開発支援を受けたものに限らせていただきます。
期間中ロボットを無償で県に貸与していただくことになります。また、ロボットは倉庫等で一括保管されます。
アンケート結果を提供しますので、製品改良にお役立てください。
その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 関連事業

一定期間ロボットを試していただけるモニター制度はこちら⇒http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/p982680.html

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019