更新日:2021年5月10日

ここから本文です。

ロボット体験キャラバン

介護施設や障がい者(児)施設などを訪問し、職員等に様々な生活支援ロボットを体験していただく「ロボット体験キャラバン」の参加施設等を募集しています。

令和3年度の「ロボット体験キャラバン」については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止することといたしました。

生活支援ロボットを体験してみませんか!?

生活支援ロボットの普及・導入を促進するため、介護施設や障がい者(児)施設などを訪問し、施設職員の皆様等に様々な生活支援ロボットを体験していただく「ロボット体験キャラバン」を実施しています。また、地域のコミュニティや福祉イベント等も対象としていますので、より多くの方にロボットを体験していただけます。

【参考】令和元年度第3期募集について(終了しました)

1 第3期募集期間 

令和元年11月5日(火曜日)から同年12月13日(金曜日)まで

2 訪問先対象

県内の介護・障がい者(児)施設、医療機関、地域のコミュニティ、福祉イベント、学校 等(約15か所訪問予定)

3 事業概要

(1) 実施期間
令和元年11月下旬から令和2年3月中旬まで(具体の訪問日は別途調整します)

(2) 訪問先での流れ(2時間から3時間程度)
 ア)ロボットの機能・使い方などの説明
 イ)ロボットの体験(適宜、質疑応答)
 ウ)アンケートの記入

(3) 持参するロボット
下記ロボット一覧の中から事前に選んでいただいた6種類から8種類のロボットを持参します。
※ロボットの詳細はロボット一覧(PDF:404KB)をご参照ください。

4 応募方法

 ※先着順となります。

5 注意事項

  • 当日は、県から委託を受けた業者【株式会社チャレンジドジャパン】が訪問します。
  • 具体的な訪問日程等については、後日委託業者より連絡させていただきます。どのロボットを希望するか迷われる場合などは、ご提案いたしますのでその際併せてご相談ください。
  • 訪問スケジュールは、ロボット開発メーカー等の担当者にも提供されます。当日は、メーカー担当者が同行する場合があります。
  • 車で訪問しますので、駐車場の確保をお願いいたします。

キャラバン実施例

コミュニケーションロボット「パルロ」実演の様子 キャラバン実施の様子

コミュニケーションロボット「パルロ」実演の様子
(特別養護老人ホーム香樹の里様)

「マッスルスーツ」体験の様子
(NPO法人えだ福祉ホーム様)

ロボットは随時募集しています!

  • ご応募いただいたロボットは、県の方で選定のうえキャラバンの対象とさせていただきます。本事業の趣旨をご理解いただき、通常使用範囲内での破損等はメーカー様がご負担いただくことをご了承ください。
  • 期間中ロボットを無償で県に貸与していただくことになります。また、ロボットは倉庫等で一括保管されます。
  • アンケート結果を提供しますので、製品改良にお役立てください。
  • その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連事業

一定期間ロボットを試していただけるモニター制度はこちら⇒http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/p982680.html

このページに関するお問い合わせ先

海老名駐在事務所(さがみロボット産業特区推進センター)
電話 046-236-1577|046-236-1578
ファクシミリ 046-236-1519

このページの所管所属は産業労働局 産業部産業振興課です。