「かながわロボットイノベーション2020 ONLINE」「モノづくりパビリオンwith かながわ2020 ONLINE」の出展企業を募集します!

掲載日:2020年8月14日

県、(一社)日本ロボット工業会、(株)日刊工業新聞社及び(地独)神奈川県立産業技術総合研究所の4者は、県内企業等による生活支援ロボットやモノづくりに関する製品・技術のPR及び販路開拓の場として、「かながわロボットイノベーション2020 ONLINE」と「モノづくりパビリオンwithかながわ2020 ONLINE」を初めてWeb上で開催します。このたび、出展企業を募集しますので、是非、ご応募ください。

対象分野

「かながわロボットイノベーション2020 ONLINE」

各種生活支援ロボット

災害対応、介護・福祉、高齢者等の生活支援、農林水産(鳥獣対策含む)、インフラ・建設、交通・流通、観光、犯罪・テロ対策、検査・メンテナンス、教育、エンターテイメント、清掃、警備、コミュニケーション その他

生活支援ロボットに関わる要素機器・部品

電機制御機器、計測機器、制御用コンピュータ、モータ、アクチュエータ、システム、センサ、ビジョン、ロボットデザイン その他

 

「モノづくりパビリオンwithかながわ2020 ONLINE」

精密加工技術、ネジ・締結技術、治具、軸受、モーション、モータ、油空圧機器、搬送機器、計測機器、センサ、部品供給・検査技術、半導体・デバイス技術、電源・装置、3D造形技術、表面処理・仕上げ加工技術、その他モノづくりに関連する各種技術・製品

特徴

  • 「高精度・難加工技術展2020 ONLINE」内で開催するため、良質な商談や販促活動が見込めます!
  • 一般的なオンライン展示会出展費用より低廉な特別価格で出展できます!
  • 事前に開催する出展企業向け「オンライン展示会セミナー(仮題)」を通して、効果的な出展方法を学べます!

開催概要

 日 時 令和2年10月14日(水曜日)から11月13日(金曜日)まで
 出展ブース 標準装備:出展者名表記、商談予約ボタン、展示パネル、ディスプレイ、展示物イメージ
ブースタイプ 出展料金(注1) 内容(注2)
標準ブースA 110,000円 展示パネル:3、ディスプレイ:1、展示物イメージ:2
標準ブースB 137,500円 展示パネル:5、ディスプレイ:1、展示物イメージ:3
標準ブースC 165,000円 展示パネル:8、ディスプレイ:1、展示物イメージ:4
 対象企業・団体 県内に事業所を有する企業・団体もしくは「さがみロボット産業特区」での取り組みが認定された県外企業・団体(予定含む)
 展示会の特色 6つの専門展示会をオンライン上で同時開催!モノづくりのビジネスパートナーを見つける展示会です。

(注1)以下に記載の『さがみロボット産業特区』事業において指定等されている企業のうち、中小企業等については、特別価格からさらに出展料金が割引になります。
・「重点プロジェクト」の指定企業(指定解除された企業は除く)
・「神奈川版オープンイノベ-ション」共同開発企業(プロジェクトが終了したものは除く)
・「公募型『ロボット実証実験支援事業』」採択企業(平成29年度以降に採択された企業が対象)

(注2)展示パネル:製品・技術などの紹介パネル(PDFデータ)の掲示が可能です.
  ディスプレイ:技術や製品に関する動画再生が可能です。

募集期間 

  • 令和2年9月11日(金曜日)まで

出展申込み

  • 出展申込書に必要事項をご記入のうえ、下記の運営事務局まで、メール添付にてお申込みください。

【事務局】日刊工業新聞社 イベント事業部
 電話:03-5644-7221 メール:autumnfair@media.nikkan.co.jp

出展申込書等

募集の詳細は出展案内、出展申込書及び出展規定をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa