創造的新技術研究開発計画認定事業のご案内

掲載日:2018年3月23日

神奈川県では、新たな技術の研究開発を行う中小企業を応援する制度を設けています。新たな技術に関する研究開発計画を策定し、計画が知事から認定されると、各種の支援が受けられます


 

【本事業は、平成29年度をもって終了しました。現在は計画の申請の受付を行っておりません。
平成29年度までに認定を受けている企業は、平成30年度以降も計画期間が終了するまで支援(下記「支援内容」を参照)を受けることが可能です。】

対象について

1 対象者

県内に事業所を有し、新たな技術に関する研究開発及びその事業化を行う中小企業者

2 対象となる研究開発計画

「研究開発計画」とは、次の(1)及び(2)を含み、かつ、その主たる研究開発が県内事業所で実施される計画をいいます

(1)著しい新規性を有する技術に関する研究開発

  • 「著しい新規性を有する技術」とは、既に実用化されている技術や軽微な改良技術ではないものをいいます
  • 「研究開発」とは、実証研究、試作品製造、性能・安全性評価等の実施をいいます

(2)著しい新規性を有する技術に関する研究開発の成果の利用(事業化)

  • 「研究開発の成果の利用」とは、研究開発の成果に基づく新商品の生産又は販売、新役務の提供、産業財産権の譲渡等をいいます

支援内容

※知事の認定は、以下の支援制度の利用のために必要な要件であり、それぞれの支援の実行を保証するものではありません

<研究開発のための融資制度を利用したい方へ> 

県中小企業制度融資(スタートアップ融資)
限度額:8,000万円
融資利率:2.1%以内
県の制度融資取扱金融機関

神奈川イノベーションサポートローン
限度額:原則として2,000万円
融資利率:商工中金所定利率

商工中金 横浜支店・川崎支店・横浜西口支店
 

<地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所を利用したい方へ>

事業計画に係る試験手数料、機器等使用料の減額 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所
 

過去の認定計画一覧

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。