ともに歩む 相鉄ホテル株式会社 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

掲載日:2018年8月31日

実習を重ね、業務内容を知った上で就労を希望

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズを運営する相鉄ホテル株式会社では、就労を希望する障がい者の雇用を積極的に進めるため、実習の受入れを通じて業務内容を広く紹介しています。綿引さんも養護学校の2 年生のときに実習に参加。横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズへの就労を希望し、3 年生のときには6 月、10 月、1 月と3 回にわたってさらに実習を重ね、平成30 年4 月に就労しました。現在は、宴会場を担当する厨房のサポート業務に就き、食器や調理道具の洗浄などを主な仕事としています。一緒に仕事をする同僚の方も綿引さんのことを理解し、時には同僚との会話も交えながら、綿引さんがあまり緊張せずに仕事ができる環境をつくっています。

2-5
企業紹介 主な取組 社員の声 会社の声 支援機関

企業紹介 

事業内容:ホテルの経営、駐車場の経営及び管理運営その他事業
所在地:横浜市西区北幸1-3-23
従業員数:459 人(平成30 年6 月末現在)
障がいのある方の担当業務:宴会場またはレストランの厨房における食器の洗浄など
ホームページ:相鉄ホテル株式会社 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
 

[障がい者雇用のきっかけ・採用までの流れ]

  • 養護学校2 年生の時に実習に参加し業務内容を知る
  • 翌年、卒業後の就労先として横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズを希望し、さらに3 回にわたって実習を重ねる
  • 宴会場を担当する厨房の補助作業者として平成30 年4 月に就労
     

主な取組

働きやすいように休日や勤務時間を調整

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、就労前に実習の機会を多く設け、業務内容が具体的に把握できるように配慮しています。また、週2 日の休日を何曜日にするか、さらに1 日の就業時間を何時から何時までにするか、といったことについて本人と相談の上で柔軟に設定。働く人が継続して就労しやすい環境をつくっています。綿引さんについては、木曜日と日曜日を休日に設定、就業時間は朝9 時半から午後4 時半までとやや短くして、疲れが残らないようにしました。

社員の声

一度に持てるお皿の数も増えました。今は仕事が楽しいです

綿引 航貴さん(入社:平成30 年4 月)

宴会場を担当する厨房の洗い場で、使い終わったお皿やグラス、ナイフやフォークなどの洗浄、拭き上げ、そして収納までを担当しています。大きなお皿は重量もあり、また落としたりしてはいけないので、最初は一度に二、三枚しか持てませんでしたが、今は十枚以上を重ねて持つことができるようになりました。扱う食器の種類はとても多くてまだ全部は覚え切れていません。早く覚えて仕事のスピードも上げていきたいと思います。仕事に就いてから3 カ月が過ぎました。今は仕事が楽しく感じます。
 

2-1
 

会社の声

ホテルの仕事を通して、成長してもらいたい

相鉄ホテル株式会社 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

運営管理部人事 栗原 文子さん

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、開業時からバックヤードでの業務を中心に、障がい者の積極的な雇用を進めています。事前に業務内容を体験してもらうことが採用後の定着率向上にもつながると考え、3 年次を待たず、2 年次の時から実習に参加してもらっています。綿引さんもその一人でした。実習の都度目標を立て、ステップアップをしながら、業務内容をよく知った上で卒業後の就職先として当ホテルを選んでいただきました。就労からまだ間もないのですが、洗い場での業務で十分に力を発揮してくれています。今後は厨房のサポート以外に、サービス職のサポート業務にも挑戦し、活躍の場を広げ、社会人として成長してもらいたいと思っています。

2-4

職場を明るくしてくれる存在です

相鉄ホテル株式会社 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

料飲部 FBオフィス スーパーバイザー 小林 哲男さん

婚礼が多い土曜日などは仕事量が増え、身体の疲れもあると思いますが、綿引さんは持ち前の明るい性格に加え身のこなしも軽快で、洗い場の欠かせない人材になっています。一度に運べるお皿の数を増やしたいなど、仕事にも前向きに取り組み、就労から3 カ月ほどですが、綿引さんは貴重な戦力であるのはもちろん、職場を明るくしてくれる存在になっています。

2-2

支援機関

神奈川県立みどり養護学校 新栄分教室

所在地:横浜市都筑区新栄町1-1 県立新栄高校内
電話番号:045-591-6443
ファックス:045-591-6472
ホームページ: 神奈川県立みどり養護学校
 

温かく迎え入れていただきました

実習の回数を重ねることで職場に慣れ、自信を持って働けるような環境を整えてくださったことが、本人が卒業後にこちらで働きたいと思うきっかけになりました。現場で一緒に仕事をする皆様も本人に障がいがあることをしっかり理解してくださっています。職場では、常に優しく声をかけてくださり、緊張しすぎずに働ける環境をつくってくださっていることを大変うれしく思います。綿引さんは障がい特性から覚えることが苦手な面はありますが、コツコツと努力して積み重ねていくことで理解し、習得できるタイプです。性格も、とても素直で社交的なので、これからもたくさんのことを自分の力にして成長してくれると思っています。