小田原漁港内立ち入り禁止場所のお知らせ

掲載日:2019年2月20日

立入禁止場所に入ると、法令により処罰されることがあります。

小田原漁港内立ち入り禁止箇所位置図
図:立入禁止場所

  • 小田原漁港では、防波堤や消波ブロック(テトラポッド)などが設置されている場所など、危険な場所(上記図面「赤色部分」)について「立ち入り禁止」としています。
  • 防波堤周辺や海岸の沖合いに設置されている消波ブロックは、海面からの高さが7メートルから10メートルと非常に高く、1個の大きさが20トンから60トンのものが使用されていて、60トンの消波ブロック1個の高さは約4メートルを超え、数段にも重ねられていて、不規則な隙間(すきま)ができています。
  • 消波ブロックは、表面に突起物がなく、全体の構造が丸みを帯びていて、海面付近では表面に海藻類が付着し、滑りやすくなっているため、隙間に落ちると隙間の外に出られなくなる恐れがあります。
  • このため、消波ブロックが設置されている場所は、全面的に立ち入り禁止としています。
  • 防波堤につきましても、海面からの高さが10メートルを越える場所があり、一部立ち入り禁止としています。
  • このほか、漁業関係者の作業のため、一部施設(上記図面「赤斜線」の箇所)では、時間を限って一般の方の立ち入りを禁止している場所もあります。
  • また、小田原漁港では、現在特定漁港漁場整備事業が進められていますが、これらの事業による工事現場(上記図面「黄色」箇所)も立ち入り禁止箇所としています。

具体的な立ち入り禁止場所は次のとおりです。

 新1号防波堤先端部(赤灯台付近)

先端部及び消波ブロック(テトラポッド)設置箇所が立ち入り禁止場所です。

 2号防波堤(白灯台)

防波堤全部及び消波ブロック設置箇所全部が立ち入り禁止です。

 3号防波堤

防波堤上部及び消波ブロック設置箇所全部が立ち入り禁止です。

 4号防波堤

防波堤上部と新港西側通路部が立ち入り禁止です。

 防波堤(1)・防波堤(2)

防波堤全部及び消波ブロック設置箇所全部が立ち入り禁止です。

 3号防波突堤

先端部が立ち入り禁止です。

 蓄養波除堤

波除堤全部が立ち入り禁止です。

 離岸堤(消波ブロック)

消波ブロック設置箇所全部が立ち入り禁止です。

耐震強化岸壁・耐震強化岸壁荷さばき所の立ち入り禁止時間について

耐震強化岸壁と耐震強化岸壁荷さばき所は、漁業関係者や漁港関係者の作業などのため、午前4時から午前11時まで一般の方の立ち入りを禁止しています。

また、これ以外の時間帯でも、耐震強化岸壁に船舶が接岸するとき、又は荒天時など立ち入ることが危険であると漁港管理者が判断したときは、立ち入り禁止となります。

漁港整備工事に伴う立ち入り禁止場所

本港東側漁具干場整備工事箇所

本港東側では、漁具干場用地の整備工事を実施しています。

この工事区域内は、工事関係者以外の方は立ち入り禁止となっています。

新港西側エリアの整備工事箇所

新港の西側では蓄養水面と交流促進施設用地、荷さばき所や多目的広場などの整備工事を行っています。

これらの工事区域内は工事関係者以外の方は立ち入り禁止です。

※蓄養(ちくよう)とは、漁獲した魚介類を、生簀(いけす)などで短時日飼育することです。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa