職種紹介:福祉職

掲載日:2019年4月1日

仕事と配属先

職務内容

児童相談所では、児童の虐待への対応や保護を行うほか、障がい児の支援や心理判定など、児童に関する支援を展開します。
保健福祉事務所では、生活保護や精神保健福祉のケースワークを行うほか、他機関等と連携して地域福祉の推進を図ります。
障害者支援施設、児童福祉施設では、利用者の日常生活を支援するほか、利用者の特性に応じた専門性の高い介護を伴う生活支援を提供します。
また、本庁各課では、専門的な知見を生かし、福祉施策の企画・運営を行います。

主な配属先

本庁福祉関係課、児童相談所、児童心理治療施設、児童自立支援施設、障害者支援施設、保健福祉事務所など

各部局について、詳しく知りたい方はこちら

先輩職員からのメッセージ

平成31年度掲載:中井やまゆり園 稲村 達朗 主事new

H31職種紹介(福祉)

中井やまゆり園では、重度の知的障がいのある方に対して一人ひとりの障がい特性に応じた支援を行っています。私が働いている「空寮」には生活支援の面で介助を必要とする方が多くいますが、利用者の状況に合わせて地域生活移行にも取り組んでいます。より良い支援を行うためには職員間のコミュニケーションが大切です。中井やまゆり園は年齢の離れた上司や先輩職員も同じ目線にたって一緒に考えてくれる、本当に風通しの良い職場です。
早番、遅番、夜勤の三交代勤務等、大変なこともありますが、福祉職の仕事は多くの人の人生に触れる仕事です。一人ひとりの利用者がその人らしい生活が送れるように支えることが私たちの仕事だと思い、やりがいを感じています。

 

平成30年度掲載:平塚児童相談所 細野 泰代 主任主事

H30細野主任主事

児童相談所の児童福祉司として、児童虐待相談等を受けたときの最初の調査や家庭訪問、面接を主に担当しています。虐待の多くは子どもと保護者のどちらかが一方的に悪いということではなく、双方の関係性の中で起こります。どちらも支援が必要な状況であることが多く、改善まで時間がかかるケースもあります。そのため、まずは子どもの安全を守るとともに、子どもや保護者の気持ちを丁寧に聴き取り、長期的な視点から必要な支援を考えることができるよう職員がチームとなって関わっています。
児童相談所の仕事は大変さもありますが、仲間に支えられながら、子どもや家族といろいろな思いを共有できたときや、困難な状況に変化が感じられたりしたときの喜びは一際大きく、私自身の糧になっています。

 

平成29年度掲載:さがみ緑風園 小山 英夫 主事

小山主事の写真

さがみ緑風園は、医療的ケアが必要な最重度の身体障がい者を受け入れ、24時間の看護師の配置など、必要な医療を安心して受けられる「生活の場」としての役割を果たしています。ここでは福祉職と医師、看護師等といった多職種の職員が密に連携し、チームケアを質の高い水準で行っています。
私は遷延性意識障害の状態にある方も生活される「風6ホーム」で生活支援員をしています。日常的には食事、排泄、入浴、グループ活動等の生活支援を行います。
私たち福祉職は当園のような県立福祉施設をはじめ、児童相談所、福祉事務所、本庁も含め、様々なフィールドで幅広く活躍しています。それにより感性を磨き、確実に成長していきます。私たちの働きにより、支援が必要な方が希望する生活に近づき、今よりさらに生活の質を高めることができたとしたら、それは私にとってやりがいを感じる瞬間です。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa