令和元年度障がいのある人を対象とした採用選考

掲載日:2019年8月5日

選考区分・採用予定人員・職務内容受験資格選考の方法選考の日時・場所・合格発表
合格発表方法選考結果の開示申込方法及び受験票の発行受験上の配慮を希望する方へ
受験を希望する外国籍の方へ給与個人情報の取扱い最終合格された方に対する手帳等の確認
第1次選考会場

選考区分・採用予定人員・職務内容

選考区分 採用予定人員 職務内容
行政 24名程度 行政機関等(知事部局、教育委員会等)における事務
公立小中学校等事務 10名程度 神奈川県内の市(横浜市、川崎市及び相模原市を除く。)
町村立小学校、中学校、特別支援学校における学校事務
警察事務 15名程度 警察本部、警察署等における事務
  • 2区分まで申し込むことができます。教養考査と作文考査は、各区分共通の問題となります。また、人物考査は合同で実施しますので、2区分を志望された場合でも、各考査とも1回だけの受験で済みます。
  • 2区分ともに合格基準に達した場合、申し込み時の志望順位の高い区分のみ合格とします。

受験資格(次の(1)から(4)の要件をすべて満たす人)

選考区分 受験資格
行政

(1)昭和35年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた人
 (外国籍の人も受験できます。ただし、警察事務を除く。)
(2)神奈川県内に在住している人(注1)
(3)以下のいずれかに該当する人(注2、注3)
・身体障害者手帳の交付を受けている人
・都道府県知事又は政令指定都市市長が発行する療育手帳の交付を受けている人(注4)
・知的障害者更生相談所、児童相談所、精神保健福祉センター、障害者職業センター、精神保健指定医により知的障害があると判定された人
・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
(4)地方公務員法第16条に該当しない人(注5)

公立小中学校等事務
警察事務
  • 受験資格がないこと若しくは申込書に虚偽の申請がなされたことが判明した場合、又は受験資格の確認ができない場合は、その後の試験は受験できません。最終合格している場合は合格を取り消します。

(注1)就学等のため一時的に県外に在住していて、家族が県内に在住する人を含みます。(本選考の合否に関わらず、令和2年4月1日までに県内に戻る人が対象となります。)
(注2)交付申請中の場合は申し込めません。
(注3)第2次選考当日に手帳等を確認します。また、その後採用までの間に手帳等の提示を求めることがあります。
(注4)手帳の名称については、交付している地方公共団体により独自の名称が付されている場合があります。御自身の手帳の種類が不明な場合は、交付元の地方公共団体の窓口で確認してください。
(注5)地方公務員法第16条に該当する人

  • 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 神奈川県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

選考の方法

第1次選考(3区分共通の問題となります。)

種目 方法 内容 配点 考査時間
教養考査 択一式
・知識分野
15問必須解答
・知能分野
15問必須解答
公務員として必要な一般的知識及び知能
についての筆記考査
(高等学校卒業程度、出題範囲は表のとおり)
200点 90分

第2次選考(作文考査は3区分共通の問題となります。人物考査は合同で実施しますので、2区分を志望された場合でも、1回だけの受験で済みます。)

種目 方法 内容 配点 考査時間
作文考査 記述式
1題必須解答
600字程度
(第1次選考日に行います。)
表現力、理解力等についての筆記考査 50点 60分
人物考査 集団討論及び個別面接1回 人柄、性向等についての考査
(集団討論の課題は第1次選考合格通知とともにお知らせします。)

集団討論

50点
個別面接200点

集団討論
約30分
個別面接
1人約30から40分

<表> 教養考査出題範囲

知識分野 知能分野
社会科学、人文科学、自然科学 文章理解(英文を含む。)、判断推理、
数的処理、資料解釈

選考の日時・場所・合格発表

  日時 場所 合格発表
第1次選考 10月20日(日曜日)
受付午前9時20分から9時50分
着席午前10時
教養考査90分
神奈川県立
産業技術短期大学校
東キャンパス
(横浜市旭区中尾2-4-1)
第1次選考合格者発表
11月1日(金曜日)午前10時
第2次選考 作文考査60分
(終了予定は午後2時頃)
最終合格者発表
11月29日(金曜日)午前10時
11月10日(日曜日)から11月17日(日曜日)のうちの指定する1日(日時は、第1次選考合格通知に記載します。)
集団討論及び個別面接
(3区分合同で同一日実施)
横浜市内
(場所は第1次選考合格通知に記載します。)
  • 作文考査は、第2次選考種目ですが、10月20日(日曜日)の第1次選考日に実施します。作文考査を棄権した場合は、第1次選考を棄権した扱いとし、一切採点は行いません。
  • 考査種目ごとに合格最低基準がありますので、一種目でも当該基準に達しない場合、不合格となります。
  • 最終合格者は、第2次選考の結果のみで決定します。

第1次選考当日持参するもの
 受験票、鉛筆、消しゴム、昼食

合格発表方法

第1次選考合格及び最終合格の発表は、次の2つの方法により行います。

  1. 合否にかかわらず受験者全員に文書で通知します。
  2. インターネットで合格者の受験番号を示します(合格発表日から1週間)。
    職員採用ホームページ
  • 個人情報保護の趣旨から、2の方法では、受験番号のみを示し、氏名は示しません。
  • 本人が希望する場合には、合格してもホームページに受験番号を掲載しないようにすることができます。希望の有無については、第1次選考当日確認します。

採用の時期
 
原則として令和2年4月1日に採用となります。

選考結果の開示

この採用選考の結果(第1次選考及び最終結果の順位、総合得点、種目別得点及び合格最低基準に満たなかった種目)については、神奈川県個人情報保護条例第25条第1項の規定により、口頭で開示を請求することができます。詳細は、選考日にお知らせします。
なお、受験番号控え及び顔写真付身分証明書(運転免許証等)により本人確認をさせていただきますので、受験番号控えは大切に保管し、開示請求の際、必ず御持参ください。

申込方法及び受験票の発行

申込方法

インターネットによる申込み

申込方法
  1. 神奈川県職員採用ホームページから、e-kanagawa電子申請サービスに接続し、利用者情報を登録してください。
  2. 登録したIDを利用してe-kanagawa電子申請サービスにログインし、受験申込みを行ってください。その際、申込時の「到達番号」及び「問合せ番号」は必ず控えておいてください。「申請状況の照会」や「受験票のダウンロード」に必要となります。
  3. e-kanagawa電子申請サービスで、必ず申請状況の照会を行い、申込みが到達していることを確認してください。到達が確認できなかった場合は、すみやかに神奈川県人事委員会事務局総務課任用グループまで御連絡ください。
申込期間等 令和元年8月13日(火曜日)午前9時から9月6日(金曜日)午後5時まで(受信有効)
・インターネット申込受付期間中に正常に受信したものを有効とします。
・受験申込期限直前は、システムが混み合うおそれがあるため、余裕を持って申し込んでください。
・システム機器の保守点検等により、インターネット申込受付期間中にシステムを停止する場合がありますので、御注意ください。使用されるパソコンや通信回線上の障害等によるトラブルについては、一切責任を負いません。

郵送・持参による申込み

申込方法 申込書に必要事項を記入し、申込先へ郵送又は持参してください。
(申込書は折り曲げたり、切り離したりしないでください。)
申込期間 令和元年8月13日(火曜日)から9月6日(金曜日)
申込先
(持参先)
〒231-0023横浜市中区山下町32
神奈川県人事委員会事務局総務課任用グループ
(場所は、神奈川県横浜合同庁舎6階です。)
郵送する場合 最終日の消印のあるものまで受け付けます。
・封筒の表に「選考受験」と赤字で書き、裏には住所・氏名を必ず書いてください。
・簡易書留で上記申込先へ郵送してください。
(普通郵便で郵送した場合の事故については、責任を負いません。)
持参する場合 受付時間は、午前8時30分から午後5時15分です。
(土曜・日曜・祝日は受付できません。)

受験票の発行

インターネットによる方法で申込みをされた方

  • 受験票は、第1次選考日の10日前頃にe-kanagawa電子申請サービスに登録されます。登録が完了したらメールでお知らせしますので、e-kanagawa電子申請サービスにログインしてダウンロードし、各自プリンターで印刷してください(1週間前になってもメールが届かない場合は、神奈川県人事委員会事務局総務課任用グループまで御連絡ください。)。
  • 印刷は、概ねはがきと同じ大きさ、厚さの、無地の用紙にしてください(印刷方法について、詳しくは職員採用ホームページを御覧ください。)。
  • 受験票には、写真(申込日前3か月以内に撮影した、縦4cm、横3cm、上半身・脱帽・正面向きの本人であることを確認できるもので、裏面に氏名を記入したもの)を貼り、自筆署名してください。筆記が困難なため、本人が署名できない場合は、その旨を付記して、代理人が署名してください。

郵送・持参による方法で申込みをされた方

受験票は第1次選考日の10日前頃に申込者あて発送します。もし、10月17日(木曜日)になっても受験票が到着しない場合は、神奈川県人事委員会事務局総務課任用グループに御連絡ください。

すべての方(インターネット・郵送・持参 共通事項)

受験票下部の「受験番号控え」を切り離し、第1次選考当日は、「受験票」のみ持参してください。また、「受験番号控え」は大切に保管してください。選考結果の開示を受ける場合等、「受験番号控え」が必要となります。

受験上の配慮を希望する方へ

点字・パソコン(ワープロ機能)・拡大印刷での受験を希望する人

  • 次に該当し、点字・パソコン(ワープロ機能)・拡大印刷での受験を希望する人は、申込書の該当欄に○を付けてください。
  • 点字用の器具、パソコン、拡大読書器は各自で御用意ください。
  対象者 教養考査時間 作文考査時間
点字(注1) 点字受験を希望する人 135分 60分
パソコン
(ワープロ機能)
上肢機能障害の程度が概ね3級以上で筆記が困難な人 90分 90分
拡大印刷(注2) 視覚障がい者*拡大読書器の使用も可能です。 120分 60分

注1点字による受験にあたっては、補助として音声パソコンの使用ができます。ただし、一定の条件がありますので、申込前に人事委員会事務局までお問い合わせください。

注2拡大印刷希望者には12ポイントの大きさの活字を面積倍率で2倍した拡大印刷問題を用意します。

車イスを使用する人、身体障害者補助犬の同伴を希望する人

車イスを使用する人、身体障害者補助犬の同伴を希望する人は、申込書の該当欄に○を付けてください。また、車イス使用のため自動車による来場を希望する人は、申込書の該当欄に○を付け、自動車の車種、ナンバー、色を記入してください。

試験員の発言内容を印刷した用紙の配付を希望する人、手話通訳を必要とする人

聴覚に障がいのある方で、試験員の発言内容を印刷した用紙の配付を希望する人、手話通訳を必要とする人は、申込書の該当欄に○を付けてください。

就労支援機関の職員等の同席を希望する人

個別面接では、受験者が登録等をしている就労支援機関の職員等の同席が可能です。希望する人は、申込書の該当欄に〇を付けてください。選考会場等の準備のため、第1次選考合格後、受験者本人から11月6日(水曜日)までに、同席者の所属・氏名を神奈川県人事委員会事務局総務課任用グループまで必ず連絡してください。

受験を希望する外国籍の方へ(警察事務は除く。)

(1)選考問題、選考方法は、日本国籍の人と同一です。
(2)採用時に就職が制限されている在留資格の人は採用されません。
(3)採用後、担当できる職務等に制限があります。

給与

給与の月額は、次のとおりです。(平成31年4月1日現在)

 

採用時
行政・公立小中学校等事務・警察事務 約171,000円
  • この額には地域手当が含まれています。このほか、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当等が、それぞれの支給条件に応じて支給されます。
  • 高等学校卒業後に学歴又は職歴のある場合は、この額に一定の基準で算出された額が加算されます。

個人情報の取扱い

本選考の実施に際して収集した個人情報については、人事委員会及び任命権者(知事、教育委員会、警察本部長等)において、採用選考及び採用に関する事務の目的に限り、使用します。

最終合格された方に対する手帳等の確認

  • 障害者の雇用の促進等に関する法律に基づき、毎年、障害者雇用状況の報告を行う必要があります。そのため本選考最終合格者には、採用時にも任命権者が手帳等の内容の確認を行います。
  • 最終合格の後、健康診断や人事配置などの人事管理上の目的から、任命権者が性別情報の確認を行います。

第1次選考会場

神奈川県立産業技術短期大学校東キャンパス
横浜市旭区中尾2-4-1
相模鉄道二俣川駅下車
・二俣川駅北口から徒歩約18分 または
・二俣川駅北口から相鉄バス「運転免許センター循環」乗車「中尾町」バス停下車

・バス乗り場は、二俣川駅北口に出て右方向、相鉄ライフビル1階1番乗り場
・電車・バスの所要時間等については、時刻表等でお調べください。
・試験会場へのお問合せは、御遠慮ください。
・駐車場の収容能力に限りがありますので、車イス使用のため必要がある人以外は自動車での来場は御遠慮ください。

その他

災害等で選考が実施できない場合など緊急のお知らせは、職員採用ホームページで行います。

職員採用ホームページ

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa