県道613号(曽屋鶴巻) 東海大北側工区の整備

掲載日:2022年1月11日

県道613号(曽屋鶴巻)東海大北側工区の道路整備事業

この事業の所管は、道路都市課(街路公園班)です。

<事業の目的>

 本路線は、秦野市曽屋を起点とし、秦野市鶴巻(国道246号方面)に至る幹線道路です。

 本事業箇所は、近隣の大根小学校への通学路に指定されており、また、小田急東海大学前駅から東海大学へ通学する歩行者が多い交差点ですが、右折レーンも未整備な状況のため、国道246号へ抜ける車両と右折車両による渋滞と重なり改善が必要です。さらに、秦野市のバリアフリー重点整備区域内であるものの歩道が狭いことから、歩行者の通行の安全を確保するため、歩道整備と併せて交差点改良を行うものです。

 

<事業の概要>

  • 事業箇所:秦野市南矢名・平塚市真田
  • 事業延長:約200m(県事業区間)、約200m(平塚市事業区間)
  • 計画幅員:16.0m(県事業区間)、12~15m(平塚市事業区間)
  • 車線数 :2車線
  • 供用目標:令和5年度(2023年度)

 

最新情報

↓詳細な事業情報はこちらをご覧ください。

2021年11月 県道613号(曽屋鶴巻)東海大北側工区道路整備事業(PDF:1,367KB)

 

 

位 置 図

613ichizu

 

 

このページの先頭へもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa