県道611号(大山板戸) 大山バイパスの整備

掲載日:2022年1月26日

県道611号 大山バイパス(未供用区間)の道路整備事業

この事業の所管は、道路都市課(道路班)です。

<事業の目的>

 県道611号(大山板戸)大山バイパスは、県内でも屈指の歴史的観光地である「大山」から、伊勢原市三ノ宮の県道612号(上粕屋南金目)に至る「延長約3kmの道路(2車線)」を、新たに整備するものです。
 バイパス区間に並行する現道部は、バス路線であるにもかかわらず、幅員が狭く歩道も無いため、車両のすれ違いが困難で歩行者も危険な状況にあり、朝夕や観光シーズンにはかなり渋滞することから、平成3年(1991年)度から事業に着手しました。
 これまで、平成12年(2000年)4月に「大山(起点)側の延長約0.8km区間」の供用を開始し、平成23年(2011年)3月には、さらに「終点側の市道666号までの延長約0.8km区間」の供用を開始しました。
 令和3年度は、今年度中の供用(全線開通)を目指し「終点側の約1.4km区間」他において、引き続き工事を実施します。

 

<事業の概要>

  • 事業箇所:伊勢原市大山から三ノ宮地内
  • 事業延長:3,030m
  • 計画幅員:9.75m(事業区間)、12.0m(供用済区間)
  • 車線数 :2車線
  • 供用目標:令和3年度(2021年度)

 

ohyamabaipasuzu

 

<標準横断図>

事業区間

ohdanzu1

供用済区間

ohadanzu2

(単位 ミリメートル)

shashinzu

 

 

写真(1) 新設交差点予定箇所 工事状況 (令和4年1月撮影)

県道611号1

開通予定看板設置の状況

開通予定看板(611)1

 

写真(2) 新設交差点付近の状況(令和4年1月撮影)

61101182

 

写真(3)厚木秦野道路交差部(令和4年1月 大山方面を撮影)

61101183

 

写真(4)新東名高速道路交差部 道路改良工事状況(令和4年1月 大山方面を撮影)

61101184

 

写真(5)供用部との接続箇所(令和4年1月 大山方面を撮影)

61101185

開通予定看板設置の状況

看板設置2

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa