神奈川県庁本庁舎の公開

掲載日:2019年8月15日

神奈川県庁本庁舎の公開について

本庁舎写真

1 公開日時

 令和元年8月18日(日曜日)     午前10時から午後4時まで

 

2 公開場所

 県庁本庁舎(横浜市中区日本大通1)

〔3階〕

 知事室(扉の外からご覧いただけます。)

 旧貴賓室(第3応接室) kyuuzizyou

 旧議場(大会議場)

〔4階〕

 正庁

〔6階〕

 本庁舎歴史展示室

 屋上(横浜港を一望できます。)

 

3 実施方法

・公開場所を無料で自由にご見学できます。

・「キングサポーターズ」(庁舎案内ボランティア)の方々が、公開場所でご案内します。

 

4  実施イベント等

【「マグカル開放区」「勝祭2019」連携イベント】
「BASEBALL KIDS AMUSEMENT」(時間:午前10時から午後6時まで)
・県庁本庁舎前敷地で子供向けの野球体験型アトラクションやふわふわ遊具等を設置
 

「マグカル開放区 in 勝祭」(時間:午後0時から午後4時まで)
・県庁前日本大通りで、マグカル開放区の特別版「マグカル開放区 in 勝祭」を実施
 

【県のイベント情報満載】

・県が実施するイベントのパネル展示、パンフレット配架

 

5 駐車場

会場には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

6  今後の公開予定

令和元年8月31日(土曜日)午前10時から午後4まで

 tizisitu kihinnsitu

 

神奈川県庁本庁舎プロフィール

 昭和3年(1928年)に建てられ、平成8年に国の有形文化財として登録されました。関東大震災で焼けた県庁本庁舎に代わる4代目で、知事が執務する現役の庁舎としては、大阪府庁本館に次いで全国で2番目に古いものです。

 日本趣味のある洋風建築で、1920年代から1930年代頃に流行したアール・デコ様式の装飾が各所に見られます。

横浜のシンボル的存在であり、横浜三塔の一つ「キングの塔」と呼ばれています。
 (※クイーンの塔:横浜税関本関庁舎、ジャックの塔:横浜市開港記念会館)