かながわエコ・エネルギータウン研究会において「コンセプトブック」を作成しました

掲載日:2018年4月23日

「かながわエコ・エネルギータウン研究会」(代表幹事:(株)計画技術研究所)は、県央・湘南都市圏において、太陽光発電と燃料電池等を複合化したエネルギーシステムと、環境と共生したライフスタイルを組み合わせたまち(かながわエコ・エネルギータウン)を実現することを目的に設置された組織で、住宅メーカーなど12社で構成され、県はオブザーバーとして検討に加わっています。

同研究会では、平成23年度に、これまでの検討結果をまとめたコンセプトブックを作成しました。「かながわエコ・エネルギータウン」の実現に向け、今後も引き続き、研究活動や広報・提案活動を行っていきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa