大学との連携 慶應義塾大学ORFまちづくりアイディアコンテスト

掲載日:2018年4月23日

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の研究成果の紹介により更なる産官学連携の推進を目的とするイベント「SFC Open Research Forum 2006」が東京・丸の内で開催され、神奈川県が整備を計画しているツインシティを題材に、まちづくりのアイディアを競う「ORFまちづくりアイディアコンテスト2006」の最終選考会と表彰式が11月23日、丸ビルホール&コンファレンススクエアにて行われました。
本県からは、尾高副知事ほか2名が神奈川県知事賞の審査員として、コンテストに参加しました。
当日は、予選を勝ち抜いた10組の中から、慶應義塾大学看護医療学部の市村さんと増田さんのアイディア「あいのりとITが実現する医療アクセスの効率化」が神奈川県知事賞に選ばれました。

「ORFまちづくりアイディアコンテスト2006」の詳細はこちらをご確認ください。


写真:知事賞受賞者のプレゼンテーション(審査会にて)

知事賞受賞者のプレゼンテーション(審査会にて


写真:表彰状授与、知事あいさつ

(左)尾高副知事から表彰状授与、(右)松沢知事あいさつ(ビデオ出演)


「ORFまちづくりアイディアコンテスト2006」神奈川県知事賞の受賞者が知事を訪問

平成19年1月31日(水曜日)、「ORFまちづくりアイディアコンテスト2006」で神奈川県知事賞を受賞された慶 應義塾大学看護医療学部4年生の増田萌花(ますだもえか)氏、市村渉(いちむらわたる)氏と主催者代表の慶應義塾大学大学院政策メディア研究科講師・ORF実行委員の梅嶋真樹(うめじま まさき)氏が知事を訪問されました。

当日は、受賞者のお二人による受賞アイディア「あいのりとITが実現する医療アクセスの効率化」の説明に引き続き、知事とアイディアについて意見交換が行われました。

写真:受賞者による受賞アイディア説明の様子(知事室にて)

受賞者による受賞アイディア説明の様子(知事室にて)

写真:記念撮影

知事との記念撮影(左から、増田氏、市村氏、松沢知事、梅嶋氏)

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa