消費生活課のホームページ上における個人情報の流出について

掲載日:2019年9月13日
2019年09月13日
記者発表資料

県ホームページ上の「架空請求に関するハガキ等を送りつけてくる事業者名等一覧」において掲載していた封筒の実物写真について、個人情報のマスキング処理が不十分なままであったことが判明しました。

1掲載期間

平成31年3月27日(水曜日)から令和元年9月12日(木曜日)まで

2概要

平成31年3月27日に「架空請求に関するハガキ等を送りつけてくる事業者名等一覧」に、個人情報をマスキング処理した上で県民の方から御提供いただいた架空請求に関する封筒の実物写真を掲載しました。
令和元年9月12日に、「封筒の住所を黒塗りにする処理が不適切であり個人名や住所などが誰でも確認できる状態になっている」という指摘が一般の県民の方から寄せられ、担当者が確認したところ、特定のソフトウェアを用いた操作により比較的容易にマスキングを外すことができる状態であったことが判明しました。

3流出した個人情報

 ・郵便番号
 ・住所
 ・氏名

4対応

直ちにホームページの該当箇所の削除を行うとともに、個人情報が流出した御本人に謝罪及び状況説明を行い、あわせて指摘をいただいた方に状況説明を行いました。
今後、このような事態が発生しないよう、ホームページに掲載する際の確実なマスキング処理を徹底し、再発防止を図ります。

問合せ先

神奈川県くらし安全防災局くらし安全部消費生活課

課長 林
電話045-312-1121 内線2620

副課長 長澤
電話045-312-1121 内線2612