事例紹介1「親切な業者さん?住宅リフォーム工事」編/くらしテキスト(No.1-2)

掲載日:2018年3月18日

大切な住まいに何かあったら一大事! そんな不安に乗じて、悪質事業者は近づいてきます。でもどんなふうに?そして、どう対処すれば?ここでは、ハルさん(70歳代 女性)のケースをもとに、見ていきましょう。

1 ある日、人のよさそうな業者がやって来た。

業者「裏のお宅の屋根修理をしていたら、ちょうどお宅の屋根が見えて、だいぶ傷んでいるようです。もしよければ無料で
点検しますが、いかがですか?」
ある日、人のよさそうな業者がやって来た。

キーワードチェック! ポイント(手口)

「人のよさそうな業者」  昔と違って、高圧的な態度や、あやしい素振りを見せることなく、親身に話を聞き、人のよさそうなケースがほとんどです。見かけなどでだまされることのないよう、用心しましょう。
「無料点検」
  親切なサービスを装い、信用させるのは、悪質事業者のよく使う手口です。また、屋根以外にも、床下やシロアリ点検、トイレや風呂の排水設備など、普段の生活ではなかなか目が行き届かない、住まいの不安につけこんできます。

2 点検結果の写真を見せられて…

業者「早く修理しないと危険な状態です。ちょうど今、期間限定特別価格なので、今日中に契約すればお得ですよ。」
点検結果の写真を見せられて・・・

キーワードチェック! ポイント(手口)

「点検結果の写真」   本当にあなたの住まいのものでしょうか?別の所で撮っておいた、傷んだ屋根や床下の写真や映像を見せられることも。手口はますます巧妙になっています。
「期間限定」「特別価格」   お得な話を持ちかけるのは、ゆっくり検討する時間を与えずに、早く契約を結ばせるための手段です。

3 勢いで契約したものの、よく調べてみたら…

ハルさん「お得どころか相場より高いような。覚えのない項目も追加されているけど必要なのかしら。」
勢いで契約したものの、よく調べてみたら・・・

キーワードチェック! ポイント(対処法)

「相場より高い」「覚えのない項目」
  本当に契約が必要な場合でも、妥当な金額なのか、必要な工事内容なのかといったことは、専門知識がないとなかなか分かりません。契約前に、複数の事業者から「見積書」をとることをおすすめします。

4 早速工事が始まったが、契約への不安が…

  ハルさん「早く周りに相談すればよかった。でも、工事業者さんに悪いし、材料を発注済みだなんて、今さら契約の解除はできないわよね。どうすれば…」
早速工事が始まったが、契約への不安が・・・

キーワードチェック! ポイント(対処法)

「周りに相談」  一人で抱え込まないことが大切です。悩まずに少しでも早く、家族や地域の方、ヘルパーさんなど、身近な周りの人に相談しましょう。
「材料を発注済み」「契約の解除」  もし契約してしまっても、あきらめないで! 訪問販売による契約の場合、8日以内であれば、無条件で解約(クーリング・オフ)が可能です。期間を過ぎてしまっても、内容によっては解決できる場合もあります。どんな対応が考えられるか、まずは身近な消費生活センターへすぐご相談を。(相談窓口の連絡先は「神奈川県内の消費生活相談窓口」へ)

このケースを、もう一度振り返ってみましょう。

1 もし、訪問の点検業者が来たら…

 話をすぐに信じてその場で契約を結ばず、身近な人に相談しよう!

2 もし、工事が必要でも…

 契約前に、複数の事業者から「見積書」をとろう!

3 もし、被害にあったら…

 すぐに身近な消費生活センターへ相談しよう!

参考

消費生活相談窓口には他にもこんな相談が…
 
水漏れが起きて業者を呼んだ。応急修理をしてもらったところ「排水管がボロボロ。全体を工事した方がよい。」と言われ、不安で契約してしまった。後から考え直し、契約を解除したい。可能か?
アドバイス  自分から業者を呼んでしまった場合でも、本来意図しなかった別の契約(このケースでは、業者に後からすすめられた排水管の全体工事)であればクーリング・オフができます。こんな時もすぐに身近な消費生活センターへ相談しましょう。
消費生活相談窓口には他にもこんな相談が・・・

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa