事例紹介2「メールに身に覚えのない請求が…架空請求編」/くらしテキスト(No.4-3)

掲載日:2018年3月18日

携帯電話に、身に覚えのない有料サービスの料金支払いを求めるメールが…放っておいてよいのか、戸惑ったことはありませんか?
ここでは、桃子さん(60歳代 女性)のケースを見ていきましょう。

1 ある日、携帯電話に、知らないところから、メールの着信が。

メール画面「支払い督促最終通告:こちらは、○○○○です。あなたの有料情報サイト利用料金が未納となっています。期限までに支払いをしないと、財産の差押え、裁判等の法的手続きをとらせていただきます。至急連絡ください。」

メール画面の様子

2 身に覚えがないと思いつつも、不安になり連絡したところ・・・

サイト業者「あなたの利用履歴の証拠があります。支払方法はコンビニでギフト券を購入し、その番号を連絡してください。支払っていただけない場合は、身辺調査のうえ、ご自宅まで債権回収に伺います。」

サイト業者の様子

キーワードチェック! ポイント(手口)

「利用料金が未納」  請求の名目は、「利用料金」以外にも、事務手数料や登録料、債権など、さまざまなケースがあります。また、請求の名目に応じ、サイト業者以外にも、弁護士や司法書士、調査会社、公的機関に似た名称などを名乗ることも。

「法的手続き」「身辺調査」「債権回収」  身に覚えのない内容であっても、財産の差押え、裁判等の「法的手続き」や、「身辺調査」「債権回収」などと言われると不安になりますが、それが「架空請求」の手口です。

3 言われたとおり支払わないと、本当に大変なことになるの?

桃子さん「身に覚えがないけど、証拠があるなんて…大変なことになったら困るし、支払った方がいいのかしら。どうすれば?」 

桃子さんの様子

キーワードチェック! ポイント(対処法)

「身に覚えがない」「大変なことになるの?」「どうすれば」
   ●身に覚えのない不審な内容であれば、放っておいて大丈夫です。
連絡をすると、新たな個人情報を知られてしまうことになります。相手にしないようにしましょう

不安をあおる手口だけでなく、こんなケースも… ―不審なメールあれこれ― 「あなたに大金をあげます」…そんな”おいしい話”はありません!!

 例えば、こんなメールをきっかけに… サイト会員からの寄付金の分配金を差し上げます。              ◆ 私は富豪だが、身寄りがないので遺産をあなたに渡したい。
あなたにお金をプレゼントしたいので会いたい。 ◆ あなたにお金を援助してあげたい。
サイト内で相談に乗ってくれたら、高額な報酬を払います。冷静になって!

多くの場合、メール相手とやりとりしているうちに、有料の出会い系サイトなどに誘導され、 「大金をもらう」どころか、利用料やポイント代と称した多額の費用を支払ってしまうトラブル が起きています。 

 「だまされた」と気づいても、メールの相手からお金を取り戻すことは困難。
 「おいしい話」は、絶対にありません。だまされないようにしましょう。    

 

消費者トラブルで困ったとき、迷ったときは、身近な消費生活センターへご相談を。                                             

消費者ホットライン  ☎(局番なし)188(イヤヤ)番へ!

 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa