ホーム > くらし・安全・環境 > 身近な生活 > 消費生活 > その他(条例・指針、審議会等) > 消費生活eモニターアンケート調査 > 令和3年度第2回消費生活eモニターアンケート調査:「新しい生活様式」を踏まえた消費生活に関する普及・啓発活動等について

更新日:2022年2月15日

ここから本文です。

令和3年度第2回消費生活eモニターアンケート調査:「新しい生活様式」を踏まえた消費生活に関する普及・啓発活動等について

令和3年度第1回消費生活eモニターアンケート「SDGs・エシカル消費について」の概要についてお知らせします。

調査の概要

1 調査目的

新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、「新しい生活様式」が世間に浸透したことに伴い、今後の消費生活に関する普及・啓発活動のあり方を検討する必要があることから、オンラインによるイベント開催等に関する意見・要望を把握し、今後の啓発活動など消費生活行政の参考とするため。

2 調査方法

インターネットを利用したアンケート調査(全17問)

3 調査期間

令和3年11月19日(金曜日)から11月28日(日曜日)まで

4 調査対象

神奈川県消費生活eモニター:311名 回答者:230名

調査結果

令和3年度第2回消費生活eモニターアンケート調査結果(PDF:379KB)

 

このページに関するお問い合わせ先

消費者教育推進グループ
電話 045-312-1121(代表) 内線2642

このページの所管所属はくらし安全防災局 くらし安全部消費生活課です。