約200倍のレートで外国通貨の両替取引を行う「株式会社ノルディア」に関する注意喚起

掲載日:2018年3月18日
平成25 年11 月以降、シリアポンド等の外国通貨の両替を勧誘する事業者に係る相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。消費者庁の調査によると、「株式会社ノルディア」(以下「ノルディア」といいます。)との取引において消費者の利益を不当に害する行為(不実のことを告げること)を確認したため、消費者安全法に基づき、消費者庁が、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼び掛けています。

注意喚起の要旨

ノルディアは、消費者宅にシリア・アラブ共和国の経済情勢等を紹介したパンフレットやシリアポンドの爆発的な価値の上昇を思わせる特別販売の案内状を送り付け、消費者に対して外国為替相場における為替レートを告げること無く、その約200 倍のレートで円からシリアポンドへの両替取引を行っています。
○ ノルディアは、この特別販売の案内状に、「特別保証・販売価格」、「1,000 シリアポンド=150,000 円」、「保証期間 20 年」と記載し、また、消費者に対して再両替を20 年間保証する旨を説明しています。消費者が申し込むと、ノルディアは現金をレターパックで送付するよう指示し、実際にシリアポンドは消費者に届きますが、連絡先とする電話は、その後、不通となってしまいます。
○ 特別販売の案内状等が消費者に届く時期と前後して、ノルディアとは別の事業者から、シリアポンドは将来値上がり確実なので、購入してくれれば当社が1,000 シリアポンド紙幣1枚を32 万円で買い取る旨の電話があり、シリアポンドの両替取引に関する勧誘が行われますが、買取りを約束した事業者がシリアポンドを実際に買い取ることはありません。
○ 消費者庁が調査したところ、同社が所在地とする場所に事業拠点は存在せず、連絡先とする電話も不通となるため、ノルディアが再両替の保証に応じるつもりはないことがうかがえます。また、シリアポンドは日本国内の主要な金融機関で両替サービスが行われていないため、消費者がシリアポンドを円に再両替することは極めて困難です。

消費者へのアドバイス

ノルディアが行う外国通貨両替の勧誘には決して応じないようにしましょう。
○ 現金をレターパック等で送付することはできません。事業者からレターパック等で現金を送付するよう指示されても決して応じてはいけません。
○ この件と類似の取引の勧誘を受けた場合は、消費生活センターや警察に相談しましょう。

詳細はこちらへ

連絡先

消費者ホットライン(最寄りの消費生活センターを御存知でない場合)
 電話番号 0570-064-370
● 警察相談専用電話
 電話番号 #9110

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる