古い消火器の破裂事故が起きています!

掲載日:2018年3月18日

平成21年9月15日と16日に、腐食が進んだ消火器を操作したことによって消火器が破裂し、負傷者がでる事故が相次いで起きました。  この事故以外にも、平成11年度以降、数多くの事故がおき、死亡事故が起きた事例もあります(日本消火器工業会の調査および消防本部からの報告による)。

古い消化器の破裂事故が起きています!


また、消火器を不適切に販売する業者があらわれ、以下のような相談がよせられています。
消防署員のようなユニホームを着て高齢者宅を訪問し、消火器の点検をしているので見せて欲しいといい、消費者が消火器を見せると、期限が切れているなどと言い、消火器の交換を勧める。
「消火液は一生交換しなくてよい」、「総務省認定の国家検定合格品となっていて特別なもの」など根拠の疑わしい説明をする。
使用期限が切れた消火器を売りつける。
クーリングオフ通知したが代金を返金しない。
連絡先に電話がつながらず、連絡が取れない。
そこで、消費者のみなさんに注意を呼びかけるとともに、国民生活センターの公表したホームページを紹介します。

古い消火器の破裂事故が起きています!(国民生活センターへリンク)

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる