新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

掲載日:2020年7月3日

事案の概要

 昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いアルコール消毒液が店頭等において品不足状態にある中、家庭や職場においてアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、独立行政法人製品評価技術基盤機構(以下「NITE」という。)において、新型コロナウイルスに有効である可能性がある消毒方法について、その評価を進めてきました。

 この有効性評価が取りまとめられたことを受け厚生労働省、経済産業省及び消費者庁が、これらの結果も含め、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について現在分かっていることを広く発信するための特設ホームページを合同で立ち上げました。

 この特設ホームページや、掲載しているQ&Aや啓発ポスターでは、国が示す有効な消毒方法(手や指などのウイルス対策、モノに付着したウイルス対策、空気中のウイルス対策など)についてまとめ、消費者へ注意喚起していますのでお知らせします。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

1.ウイルスを減らし感染予防をしましょう!

 飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。さらに、身の回りのモノを消毒することで、手指につくウイルスを減らすことが期待できます。

2.手や指、モノに付着したウイルス対策

新型コロナウイルス消毒・除菌方法一覧(それぞれ所定の濃度があります)

 

方法 モノ 手指 現在の市販品の薬機法上の整理
水及び石鹸による洗浄 -
熱水 × -
アルコール消毒液 医薬品・医薬部外品(モノへの適用は「雑品」)
次亜塩素酸ナトリウム水溶液
(塩素系漂白剤)
× 「雑品」(一部、医薬品)
手指用以外の界面活性剤
(洗剤)
-
(未評価)
「雑品」(一部、医薬品・医薬部外品)
次亜塩素酸水
(一定条件を満たすもの)
-
(未評価)
「雑品」(一部、医薬品)

※薬機法上の承認を有する製品が一部あり、そのような製品は手指消毒も可能。

3.空気中のウイルス対策

 新型コロナウイルス等の微粒子を室外に排出するためには、こまめに換気を行い、部屋の空気を入れ換えることが必要です。
室内温度が大きく上がらない又は下がらないよう注意しながら、定期的な換気を行いましょう。窓を使った換気を行う場合、風の流れができるよう、2方向の窓を、1時間に2回以上、数分間程度、全開にしましょう。

 なお、人がいる環境に、消毒や除菌効果を謳う商品を空間噴霧して使用することは、眼、皮膚への付着や吸入による健康影響のおそれがあることから推奨されていません。また、消毒や除菌効果を謳う商品をマスクに噴霧し、薬剤を吸引してしまうような状態でマスクを使用することは、健康被害のおそれがあることから推奨されていません。

(空間噴霧について)

 世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)等の国際的な知見に基づき、厚生労働省では、消毒剤や、その他ウイルスの量を減少させる物質について、人の眼や皮膚に付着したり、吸い込むおそれのある場所での空間噴霧をおすすめしていません。薬機法上の「消毒剤」としての承認が無く、「除菌」のみをうたっているものであっても、実際にウイルスの無毒化などができる場合は、ここに含まれます。

 これまで、消毒剤の有効かつ安全な空間噴霧方法について、科学的に確認が行われた例はありません。また、現時点では、薬機法に基づいて品質・有効性・安全性が確認され、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品も、ありません。

 特に、人がいる空間への次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧については、眼や皮膚に付着したり吸入したりすると危険であり、噴霧した空間を浮遊する全てのウイルスの感染力を滅失させる保証もないことから、絶対に行わないでください。

 

 詳しくは、厚生労働省の[ホームページ]および経済産業省のプレスリリース(参考)[PDF/391KB]をご覧ください。

 

 疑問や不安を感じた場合には、お近くの消費生活相談窓口までご相談ください。
消費者ホットライン「188(いやや!)」番に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188

消毒や除菌効果をうたう商品は、目的に合ったものを、正しく選びましょう。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa