角質ケアをうたった酸を使ったフットケア商品による化学やけどやひどい痛みにご注意ください

掲載日:2019年3月20日

事案の概要

 薬剤の入った靴下状の袋に足を一定時間浸すことで、足裏の角質を剥はがし、すべすべにすることをうたった商品が販売されています。これらの商品の多くには、角質の剥離はくりを促す作用のある、グリコール酸やサリチル酸、乳酸等のヒドロキシ酸が配合されています。
 2018年10月に、国民生活センターに、酸を使ったフットケア商品を使用して化学やけどを負った、という事故情報が寄せられました。また、足の角質をケアすることをうたった商品を使用して、やけどや痛み等の危害が発生したという相談が2013年度以降の約5年間で26件寄せられており、治療に1カ月以上を要した事例や、一時的に痛みで歩けなくなったという事例もありました。
 そこで、酸を使ったフットケア商品の使用について、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

ご注意いただきたいこと

  • 酸を使ったフットケア商品を使用する場合は、商品のリスクを理解した上で、皮膚の様子をみながら、まずは表示よりも大幅に短い時間から使い始めるようにしましょう。
  • 少しでも痛みや違和感があった場合は、すぐに使用を中止して医師の診察を受けましょう。
  • 足裏の角質のケアには、酸を使ったフットケア商品を使用するのではなく、保湿クリームなどを活用することも効果的です。
  • 詳しくは、国民生活センターのプレスリリース[PDFファイル/629KB]をご覧ください。

ニャン吉

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。