宅配便業者をかたる偽ショートメッセージの新手口にご注意!

掲載日:2018年12月21日

宅配便業者をかたる偽ショートメッセージに関する新たな手口が出現しています 不審アプリのインストールに加えてフィッシングにもご注意!

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)によると、宅配便業者をかたり、「お荷物のお届けにあがりましたが不在のため持ち帰りました」等の偽のショートメッセージ(注1)が発信されて、携帯電話のキャリア決済サービスに必要な「電話番号」と「認証コード」等を入力させて不正使用を狙う新たな手口が発生していることから消費者の皆様に注意を呼びかけておりますので、お知らせいたします。

(注1)メールアドレスではなく携帯電話番号を宛先にして送受信するメッセージサービス。

よくある手口

〇スマートフォン等の端末に不審なアプリをインストールさせる手口
〇フィッシングサイトに誘導して認証に必要な情報を入力させる手口
詳細は、画像付きで紹介しておりますので、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページをご参照ください。

ご注意いただきたいこと

・SMS(ショートメッセージ)やメール内で「下記よりご確認ください」とURLリンクが記載されていても容易にアクセスせず、公式サイトであるかどうか等の確認をしてください。
・偽サイトやフィッシングサイトに気づいたら、すぐに画面を閉じてください。
・不審なアプリをインストールしてしまった場合は、すぐにスマートフォンを「機内モード」にし、対応方法について携帯電話会社にご相談ください。
・電話番号と認証コードを入力してしまったら、携帯電話会社のキャリア決済で不審な点がないか確認してください。

疑問があったり不安な時は

 疑問や不安を感じた場合には、お近くの消費生活相談窓口まで御相談ください。
 消費者ホットライン「188(いやや!)」番に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。

 詳しくは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のプレスリリース[PDFファイル/1.6MB]をご覧ください。

注意窓口

消費者ホットライン188

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。