「真似っこビジネス」等とうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

掲載日:2018年7月20日

平成29年12月以降、「真似っこビジネス」、「毎月150万円以上を狙う!システムツールをあなただけにプレゼント!」、「やることは真似するだけ!」などとうたう事業者に係る相談が、各地の消費生活センター等に寄せられているため、消費者庁等が調査したところ、「株式会社きれい」との取引において消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)を確認したため、消費者の皆様に注意を呼び掛けていますので、お知らせします。

勧誘の手口

ウェブサイト上で、SNS等の広告を通じて勧誘し、消費者にメールアドレスの登録を促します。その後、勧誘業者は登録したメールアドレスに成功談の動画を送信し、真似っこマニュアルと称した情報商材を購入させます。情報商材では、電話説明の予約を誘導しており、勧誘業者に電話を架けると「石けん販売のビジネスを始めるために必要である」として高い収益を得るために有料コースを勧められて高額な料金を求められます。

ご注意いただきたいこと

インターネット上には、誰でも簡単に稼げるかのような表現を用いて、収益を得るために必要費用と称して費用を請求する業者が存在します。「誰でも簡単に稼げる」といった説明があれば、慎重に考えて、甘い言葉に騙されないように注意しましょう!人生そう、簡単に稼げるものではありません。

動画を用いて多額の収益が得られることをアピールしたり、「今回だけ特別です」「今だけ全額返金保証がついています」等の宣伝で安価な情報商材を販売した後に、電話勧誘等で高額な費用を求める手口も見受けられます。特別感や限定に惑わされず慎重に行動しましょう。

疑問や不安を感じた場合には、お近くの消費生活相談窓口までご相談ください。
消費者ホットライン「188(いやや!)」番に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。
詳しくは、消費者庁のプレスリリース[PDFファイル/289KB]をご覧ください。


消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188

悪質業者

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる